« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

モンタナ事件

050331思い出しました。
クレマチスはすっかり初めて気分でしたが・・・そういえばかつて、モンタナ系の白とピンクの2品種がありました。まだあまり数は咲かなかったですが、私好みの可愛らしい花でした。
でも、ある冬に夫に抜かれてしまったのです・・・!枯れ枝だと思われたようです。ううう。
ガーデニングには興味の無い夫も、当時は雑草取りくらいは手伝ってくれていたのだということも思い出したのですが・・・今では庭の事は何一つしません。思えばこの「モンタナ事件」がきっかけだったかも??<泣いて文句言っちゃったからねー(^^;

それから・・・よくも忘れておりましたが、大型オベリスクにからめたら収拾がつかないくらい大きくなってしまった常緑の品種・・・あれは何だったかな??花さえもあまり印象に無いのです。
あまりに伸びて隣家に入ってしまうため、とりあえずバサバサと切ってもまたまた伸びて・・・と、何だか手を焼いた記憶ばかり・・・。あまり真面目に育てていなかったのですね・・・かわいそうな事をしました(その後台風でダメに)。

そんな私の所に来た新たなクレマチス達。今度は少し本など読んでみてます。。
心配していましたが、ようやく芽をだしたプリンス・チャールズ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

蕾発見!そして・・・

0503301良いお天気です。
早くもバラに蕾というニュースを聞き!私も探してみました。
そしたら、発見しました~、メアリーローズの蕾です。やったーー!

・・・しかし、この記事のために写真を拡大してみたら・・・なんと、後ろの葉っぱの裏で踊っているのはアブラムシでは???
もちろん、この後テデトール(厳密にはフデデトール)の刑が執行されたのは、言うまでもありません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

不味~いレモン

050329
鉢植えのレモンです。品種名は何だったっけかな、、まん丸い実の形が特徴です。
最初はもちろん(?)、収穫して食用にしようと思っていたのですが・・・何ともこの味がですねーー、苦いというか渋いというかエグイというか・・・はっきり言って不味いのです。
というわけで、すっかり観賞用になりました。ちょっとレモンには見えません。
でも、今年ほど遅くまで木に付けておいたのは初めてです。さすがに熟してるかな?もしかして美味しくなっていたりするかな??近いうちに食べてみようっ!

(続きはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨だ!さあ庭へ

花粉症の者にとっては恵の雨であります。傘をさし、いそいそとバラの鉢を見て回りました。

花の時期にはもちろん、きれいに咲いた鉢を手前に・・・と並び替えをしますけれど、今の時期さほど考えていません。というわけで、写真の二鉢はあまり花の相性が良いとは思えませんが、現在は隣り合っています。
左はFlのイントゥリーグ、右はERのライラック・ローズです。同じバラでありながら、こんなにも葉っぱの形や印象が違うのですね・・・シミジミ。
・・・と書きつつ、ちょっと気になっていること。。
実はこのライラック・ローズは、この前の12月に購入したもので、葉っぱを見たのは初めてなんですが・・・なんかイメージと違うんですよね~、マットグリーンで丸くて。まぁ、まだ新芽ですもんね・・・?

05032810503282

| | コメント (3) | トラックバック (0)

原因不明ですが

今日も良いお天気。相変わらず夫は釣りへ。<結果はボウズ(昨日はメバルのお刺身でした!)

私はまた「もどき」を散布です。葉っぱが広がってきたので、散布の量も時間もかかるようになりました。
それで・・・アブラハム・ダービー以外にも、葉が縮れてしまっている株を発見。アブラハムほどひどくはないけれど、エンジェル・フェイスピンク・マザーズ・デイも・・・と数品種、何だか新芽の先がチリチリしています。ショック~~!
で、いったい何が原因なのかと一生懸命考えているのですが・・・バラの栽培を始めてから こんなことは初めてなので、きっとこの冬に何か原因を作ってしまったはず。てっきり肥料あたりだと思っていたのですが、この冬肥料を与えていないロココまでも!
ということは、肥料ではない・・・一体何だろう?何だろう??と考えて、、石灰硫黄合剤ではないかと思うのです。この冬初めて塗布してみたのですが・・・時期が遅かったも?濃度が不適切だったかも??いずれにせよ、肥料でないなら非常にアヤシイです。他には今年だけ特別にやったことは無いので・・・。
でも、もしも石灰硫黄合剤のせいだとすれば、きっと今後新しく広がってくる葉は大丈夫のはず。根が傷んでしまう肥料あたりよりはよかった、と考えるようにします・・・。050327
今後はもう石灰硫黄合剤は使わないつもりです。。いえ、たぶん使い方が悪かっただけだと思うんですけれども、何だか怖くなってしまいました。減農薬でいこうと決めたわけですし。。

写真は、2月頃に買ったボロニア・ピナータ ’シドニー’です。買ってきた時にはすでにまん丸い蕾がたわわについていて、いつ開くだろうと待っていたら、ようやく昨日あたりから星形の花を見せてくれました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

引越しました

引越し致しました。
これまでの場所で頂戴したコメントは・・・すみませんが移行致しませんでした。私がその方のお名前で書き直すのも妙だな~と思いまして・・・。

愚にもつかないブログですが、、どうぞよろしくお願い致しますm(_)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

引越開始

ええと・・・この場所(ココログ)は、@niftyがココログのサービスを始めた直後から、全く別な内容でブログを作成しておりましたが、事情により閉鎖、その後ずっと放ってありました。一方この「薔薇道楽」には別な場所を借りておりましたが、正直使いにくい、、という感想を持っておりました。

ココログに久しぶりに戻ってみたら、コンテンツが以前より充実しているし、@niftyこそが私のフランチャイズです。面倒ですが移行することに決めました。あちらでお寄り下さっていた方々、大変申し訳ありませんが、今後はこちらでまたどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢乙女でハンギング

050322大量に入荷したにもかかわらず売れ残ってしまった夢乙女。その園芸店に行くたびにいつも同じ場所にあり、不憫に思って連れ帰ったのは今年に入ってからだったと思います。大きくなる品種だと聞いているし、あまりにも小さな花は正直好みとは言い難いのですが・・・。
で、せっかく「リング仕立て」で有名(?)な品種なので、私もちょっと細工をしハンギング用のワイヤを二つ合わせて「球仕立て」にしてみました。といっても、枝の長さが足りなくて今は事実上まだ半球です。バラの球が宙に浮いていたら・・・!なんて想像して作ってみました。アイデア倒れになる可能性も高そうですが、とりあえずやってみまーす。
写真は、ようやく新芽が出てきた様子です。

その後の夢乙女ハンギングはこちらこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新芽が変!

050321新芽が出てきたアブラハム・ダービー。でも、何だか新芽の様子がちょっと変です、縮れてしまって。
気づいたのがちょうど「もどき」散布後だったので、あれれ、これまでの散布で何か間違ったかな?と思ったのですが、他の株はどれも元気。アブラムシはまだいないし、ウドンコでもなさそう・・・もしや肥料あたり・・・?
昨年、ロココの調子が非常に悪い一年で、これは元肥を入れすぎたという心当たりがありました。その症状に似ている感じ。となると、このアブラハム・ダービーは今季絶望??・・・でも、ロココと違いこのアブラハム・ダービーは鉢植えです。水を多めに与えて、肥料を流し出すといいと聞いたことがありますが、どうなのでしょうか。。全ての葉が縮れてしまっているわけでもないようですし、もう少し様子を見てみます・・・。
それにしても、誰に頼まれているわけでもないのに手間のかかる子を育てて・・・心配が多いですよね、ロザリアンのみなさん。

ところで、明日・明後日は雨との予報!花粉症の身としては嬉しい~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブ

050320今日は家族で三崎港までドライブ。珍しく中学生のお姉ちゃんもおつきあいです。
三崎港とは・・・神奈川県の三浦半島の南端で、我が家からは横浜横須賀道路を使って40分くらい。時々出かけては魚を買ったり美味しい海鮮料理を食べたりする、お気に入りの街です。
堤防の釣り人を偵察すると・・・メバル、ウミタナゴ、ハゼ、コウイカ(??)(アップロード自粛)といった釣果。帰りに城ヶ島をまわり戻ってきました。写真は帰り道に見かけた、ちょっと変わった形の雲。三浦半島は畑が多くて、のどかな風景です。

・・・と、調子にのって外出してしまったために、この目の痒さとネバーエンディング鼻水・・・。家に戻ってからバラ達に声を掛ける元気は失せてしまっていました。アブラハム・ダービーの新芽の様子が変で気になっているので、明日よく観察してみます。観察して治るものでもないんだけど。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一輪挿し

050319今日は日差しが降り注いで、花粉症でさえなければ本当に気持ち良いのでしょう。バラ達もこの日光でまたグンと芽を伸ばすだろうと思うと、これは嬉しいです。
でも、やはり葉が開き始めるともう病気が心配。我が家は毎年黒点病がヒドイのです・・・。が、ほとんど出ないというお宅も多い様子。我が家の惨状からすると信じられないお話です。「黒点病は出ても仕方がないんだ」という考え自体を改めて、今年こそは頑張ろうと思っています。
というわけで、本日ももどき散布。昨年まではダコニールやらサプロールやら色々撒いてましたけれど、どうしても発生し、くい止め切れませんでした。撒いても撒かなくても出るなら、撒かない方がいい!と、すっぱりと切り捨て、今年からは減農薬です。

相変わらず写真が悪すぎますが・・・昨日、たまたま見かけた一輪挿し。なんとなく惹かれるものがあり買ってきました。鋳物のようで重量感があり、本物はもっと全体に黒っぽいです。今年最初に飾ることになるバラは何かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誘引を修正

050317あちこちのサイトを見学するにつけ、自分が「枝をできるだけ水平に」という点にこだわりすぎている、と感じていました。たくさん咲いて欲しい気持ちゆえなのですが・・・ここにきて、衝動的にアンジェラの誘引に修正を加えました。霧雨が降り始めて、「今日は花粉から解放される!」と外に出ただけだったんですけどね。
もちろん、あまり無理な変更をできる時期ではないので、若干枝の向きを変えた程度ですが・・・枝、少なっ。これのどこをどう修正したのか?というくらいですが・・・みんな水平に右向いていたんです。
(後の開花の様子はこちら。)

0503172昨年のアンジェラです。この色でたくさん咲くと、ちょっと強烈。別な品種と組み合わせることも考えた方がいいかもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレマチスの新芽

050316先日ネットショップから届いた時には枯れ枝(?)だけだった、クレマチスのブルー・ボーイ。ちょこんと小さな芽が出てきましたー!可愛いーー。
どんどん大きくなっていっぱいお花が咲きますようにー!
・・・って、2年苗ではまだ無理かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新芽が出てきた~

050315

右はメイ・クイーンの新芽。きれいな緑色に見えましたが、よく見ると若干の赤を含んでいます。これから展開していくのが楽しみであると同時に、病気になりませんように、、という心配も出て来る時期です。

0503152左の写真は、バラによく見られる赤っぽい新芽。写真が悪いです。。
これは今年我が家に来たばかりのシャリファ・アスマです。2月3日に書いたように、これまで育ててきたシャリファ・アスマに大コブ発見・・・・・・。木酢液での治療方法なども耳にしますが、あまりの大きさに恐ろしくなって処分してしまいました。しかし、大好きなシャリファ・アスマが無いまま春は迎えられない!と、電光石火で大苗を購入したものです。

ちなみにどちらも鉢植えです。つるバラを鉢で植えてあるのは、我が家ではこのメイ・クイーンだけ。大きくなってほしいので、この場所に置ける限り大きな鉢(直径38センチほど)に植えましたが、やっぱり地植えのようには育たないのでしょうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症でも

始まったばかりの花粉症シーズンですが・・・もうヒドイです。絶えず鼻水が出るし、目は痒くて痒くて・・・こんな状態がまだまだ続くと思うと本当に憂鬱です。今年は大量飛散だと早くから聞いていたので、例年よりかなり早くお薬をもらい始めましたが、あまり効果は実感できません。薬剤師さんに「あまり効かないようなのですが」と相談したら「皆さん、そんなもんですよ」って・・・・・・ううう。

小学生の息子は私以上にヒドイ花粉症なのですが、夫と毎週のように近くの海で釣りをしてきます。今日も朝から出かけ、帰って来た時には両目が赤く腫れて(たぶん掻いてしまうのでしょう)・・・それでもまた来週も行くんだろうなぁ。
お陰で夕飯は、ハゼの天ぷら。これって、家の者が釣りをしないご家庭では食べたことない魚でしょうかね。サイズは小さかったけれど、20匹以上の大漁でした。

花粉症でも、めげずに釣りに出かける息子を見習い(??)、私も頑張って「もどき」を撒きました。結構葉っぱが出てきています。嬉しい~~。植え付け後初めて見るメイ・クイーンの葉は、マットな緑色でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカスカ・ピエール

050311なんと!今日は嬉しいことに雨!!・・・と思ったのに止んでしまったかな。花粉の季節だけは、雨の日が好き。。

東側の窓から見たピエール・ド・ロンサールの枝です。→
がんばってシュートを保護し(お隣の大木が根こそぎ倒れてしまった台風にも耐えた!)、今年初めて窓の方(手前)へも誘引してみました。

つるバラは安易に古い枝を落とさない方が趣がある・・・というのは確かでしょうけれど、伸びた枝をそっくり残しておけるような場所の余裕はなくて、この冬もかなりバッサリ切ってしまいました。
そもそも、どうも私は上手に枝と枝とを重ねられず、交錯すると切ってしまう傾向があり・・・必要以上にスカスカにしてしまい、春になって葉っぱが出てきても、どうもこんもり茂らないのです・・・って、自分でわかっていながら、どうも毎年同じ事を繰り返してしまいます・・・。

0503112
なぜだか美しい写真が少ないこのブログ。昨年のこの株の開花の様子を載せてみます(スカスカしてます)。
ああー、開花が楽しみ!スカスカでも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の本番が始まった!

ご多分に漏れず、花粉症でございます・・・5年前くらいからです。一足先に発症していた父を見て、なんとまぁ気の毒で滑稽な(鼻の下にティッシュペーパーを挟んで過ごしていたので・・・)と思っていたのですけれど・・・実際自分がなってみたら、こりゃ冗談じゃありませんよねっ!

今年の花粉飛散量は並でない、と散々テレビでやっていますが、まさに今日一日でそれを体感しました。。
今日は昼間、歯医者へ検診へ行ったのです。なんでこんな花粉のまっただ中出かける予定を作ってしまったのか、自分の愚かさを恨めしく思いつつ・・・。そして、今これを書いている時点で、すでに目がカユカユカユっ!!今からこんなで、果たして5月まで身が保つのでしょうか・・・ううう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の作業

例によって作業メモ。お天気がよかったので、思わず色々やってしまい、お陰で今猛烈に目が痒いです・・・。

まずは先日届いたクレマチス(ブルー・ボーイプリンス・チャールズ)を大きめのプラ鉢に植え替え。元肥入りの土を使いました。今年花色や開花時期などをチェックして、バラとの兼ね合いから将来どのあたりに地植えしようか、考えようという算段です。

それから、全くもって遅ればせながら、FLのときめきと、Minのベン・ムーンスウィート・ラン、届いたままだったガートルード・ジェキルフレグラント・アプリコットを植え替え。
ベン・ムーンの植え替えで、衝撃の事実。なんと、1株だと思っていたのは、2株の寄せ植えだったー!これを機会に2鉢に分けました。。確かにミニバラは何株かの寄せ植えになっている場合が多いけれど、これまで気づかなかったなんて・・・(^^;
それから、鉢植えだったローズマリーとパンジーを地面におろし、目に付いた雑草を抜きました。

・・・やっていることがずいぶんと時期を逸しています・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春到来

050307 今日は昨日までに比べて格段の暖かさ。その分花粉も飛んでいるんだろうなぁ・・・けれども、愛犬の散歩に出ないわけもいかず、ツルツル系の上着とマスクで。今日も「もどき」を散布しました。どの株も少しずつ春の様相を呈してきており、表を通りかかったご近所さんに「今年もバラが楽しみね!」と声をかけられて、ウキウキしてきます。

気づけば数年前から植えっぱなしのクロッカスが咲いています!微妙な色合いがとても気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早く葉っぱが出ないかな

050306今日も特に作業はなし。なにしろ寒いし、そのくせ花粉は飛んでいるし。。明日からは暖かい予報のようで、花粉はますます飛ぶのでしょう・・・スギだけでなくヒノキにも反応してしまうので、GW過ぎ頃まで私の苦難の時期は続きます。せっかくきれいに開いたバラの香りを全く感じ取れなかった年もありました。辛いなぁ。

寒そう~~なマサコ。今年、地植えにしました。この品種は、私が育てているERの中では独特の樹形です。グラミス・キャッスルみたいにコンパクトには収まらない感じです。放っておいたら、きっとかなり大きくなるのではないでしょうか・・・かといって、つる仕立てにできるかどうかはわかりません。

マサコに限らず、今の時期こんなに枯れ木のようなバラ達が、もうすぐ美しい葉を展開し、そして美しい花をつけるのですよね。本当に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわ~、また雪

050304予報通り、朝から雪。心配な鉢物はゆうべのうちに玄関に入れておきました。と言っても、バラの鉢は外のまま。枝が折れてしまうほど積もったりしては大変だけれど、そうでなければ大丈夫でしょう。
まだこの冬地植えしたばかりのメアリー・ローズ(左)とルデュテ。枝変わりの2品種です。朝9時の時点でこの状態。この後何センチ積もるのでしょうか・・・。

今日は自治会の会合が予定されています。この一年間、持ち回りで仕方なくオツトメを果たしてきて、今日が最終日。晴れ晴れと引継ぎをしたいところでしたが、坂の多いこの街、自治会館へ出かけるのはかなり大変そう。評議員には年輩の方も多いのだから、中止にならないのかなぁ、とさっきから連絡を待っているのですが。。家ではインフルエンザで息子が寝ているし・・・・・・。
↑お年寄りはみなさんお元気で、しっかり会合ありました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可愛い!シジュウカラ

050303冬だけ、庭にバードフィーダを置いています。メジロやヒヨドリには果物を、シジュウカラには落花生のリースを。写真は、こぼれ落ちた落花生を拾いに降りてきたシジュウカラです。
群れで現れるライバルのスズメの目を盗んで、2粒とも食べて行きました。可愛いなー、小鳥も大好き。
家のベランダの横には巣箱をかけてあり、こちらも毎年スズメとシジュウカラで争奪戦です。ヒナが巣立っていくのはこの上ない喜びです。

巣箱をかけると周りがフンだらけにならないの?ということを聞かれますが、シジュウカラもスズメも、ほとんどフンを落としません。敵に巣の場所を教えてしまわないように・・・と聞いたことがあります。
ただし、ご存じのようにツバメの巣の周りはフンだらけ。少し大型のムクドリ(巣箱を利用する鳥)も、かなりダラシナイそうですので、今後も我が家の巣箱の巣穴は、シジュウカラ・スズメ サイズで(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレマ到着

050302今日はネットショップで買ったクレマチスが2品種到着。ブルー・ボーイ(インテグリフォリア系)とプリンス・チャールズ(ビチセラ系)です。
・・・って、クレマチスの育て方はよくわからないのに、この暴挙。自分なりには色々調べて、、それなりに納得して購入したのですけれど・・・不安一杯。。でも、がんばろ。つるバラとクレマチスの絡む美しい庭を目指して・・・!

とりあえず、ひっくり返らないように、空の植木鉢にスポッと入れておきました。もっと深い鉢に植え替えなくては。それにしても、ブルー・ボーイ(手前)は枯れ枝だけ、プリンス・チャールズに至っては、地上に何にも出ていません。何だか怖いけど、こういうもんなのでしょうね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またやっちゃった

ガートルード・ジェキルフレグラント・アプリコット。どちらも香りが良いという評判を聞き、ついつい入手。
ホント言うと、ガートルードの方は大きくなるらしいのでちょっと場所が無いんだけれど、とりあえずつるアイスバーグ(No.2)の横があるか!と。
イキアタリバッタリなのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »