« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

最後となりました

0505312この春最後の開花となったのは・・・FLのときめきです。
この花は、数年前にショップでタグの写真を見て買ってきたのですが・・・咲いてビックリ、蛍光色!目が痛~い!
まあ、何かのご縁ということで(笑)育てています。

実は、この春には花を見られなかった新苗が一株あります・・・これについてはまた改めて。

ようやく雨が上がってきましたが・・・花びらが~。。
掃除してきます。

050531

| | コメント (7)

雨と風

今日は朝から雨でした。昨日もどきを撒いたばかりなのに・・・と思いましたが、そんなことよりも!まだたくさん花の残っていたつるバラ達の花びらが一気に散ってしまいました・・・。
思えば今年は開花の時期こそ遅かったものの、ひどい雨風を受けることなく花を楽しむことができました。良い春でした。・・・晴れたら掃除が大変そうです。

0505302右の写真は昨日のベン・ムーンの様子です。我が家で二種類しかないMinの片方です。奥で咲いているのもベン・ムーン・・・開ききるとまるで別の花ですね。。もっと紫っぽい時もあるのですが、今回はずいぶんピンク色です。

下は、ミスティ・パープルが開いたところ。これも昨日の写真です。やっぱり、実物の方が地味な色合いです。

0505301

| | コメント (2)

See you!

0505292 ご近所さんや通りがかりの方にお褒め戴いたアンジェラですが、少し前から花びらが散り始め、今日はもう次から次へと落ちて・・・この春の花はもう終わりだな、、と判断しました。
毎年、あまり惨めにならないうちに花を落とすようにしています。地面に花びらを敷き詰めたようになりました・・・45リットルのポリ袋2つ分。
ありがとう、アンジェラ!また会えるよね!

花を落としたら、慌てて出てきたカマキリの赤ちゃん。親カマキリは苦手だけれど・・・こんなに小さい(1.5センチくらい)と、さすがにちょっと可愛いー。

0505293

リクエストを頂戴した(?)、ピエール・ド・ロンサールです。ちょっと白っぽく写ってしまいましたが、あまりにも水平に誘引した枝には、こんなふうに花が着きました(かなりバラゾウムシにやられました・・・)。未だに葉っぱがチリチリしていて、いまひとつ元気のないピエールですが、とりあえず咲いてくれました。花が終わったら養生が必要です。

0505291

| | コメント (5)

新苗だけど

0505281

先日買ってきたミスティ・パープル
新苗ですけれど、蕾を一つだけ、咲かせてみてしまいました・・・正直、実物よりも写真の方が良く撮れたかも(^^;、実物は地味な印象です。ガーデンローズとしてよりも、手元でシミジミ楽しむ品種という感じ・・・?な~んて、たった一輪ではわかりませんね。秋の花にまた期待です。
香りはとても良いです。概して紫系のバラは、良い香りのするものが多いですね。

もう一つ、新苗を咲かせてしまったのはFLのピノキオ
ピノキオというとMINもあるようですが、こちらも重要な古いFLです。
残念ながら、これが本来の花とはとても思えず、やはりもっと株が充実するのを待とうと思いました。。でも、色をみられて良かった!香りは全然無い・・・です。。

0505282

| | コメント (3)

待ってました!

0505271ようやくグラミス・キャッスルが咲きました。我が家のERの中では、今年一番開花が遅かったです。でも、これからおそらく冬まで咲き続けてくれるはず。出足の遅さなど気になりません!
房咲きのバラって、隣の蕾との折り合いが付かない場合もままありますね。このグラミスも、お隣に「ちょっと~~」とか言ってる感じです。仲良くたくさん咲いてね。

ピエール・ド・ロンサールが満開です。スズメの巣箱、こんなに花に囲まれている~♪・・・ように撮ってみました(笑)、実際には巣箱はずっと上です。
あまりはっきりしませんが、スズメがちゃんとカメラ目線です(警戒しているだけでしょう・・・)。

0505272

| | コメント (3)

乙女は繊細

0505261我が家の夢乙女物語(なんだそりゃ)はこちら。ようやくポツポツと開き始めました。予想以上の小ささでした・・・直径2~3センチでしょうか。

ハンギングでバラを育てるのは初めての経験だったのですが・・・これまでのところ、少なくとも「夢乙女のハンギング」は、あまりオススメできない気がしています。
ネットで調べても、夢乙女は環境変化に弱い様子。「球仕立て」で土の状態を見づらくしてしまったこともあり、、水分管理が難しいと感じました。今着いている蕾がいつ黄変して落ちてしまうか、気が気でないです・・・どうにか順調に満開を迎えられますように!

下は、開いて少し時間の経ったマサコです。マサコというのは雅子妃殿下にちなんだ日本名で、本名(?)イグランティーヌというERです。とても良い香りで、大好きなばらです。昨冬地面に下ろしたので、今年はちょっと大きめに育ててみようと思っています。
ちなみに、奥に見える紅いバラはダイナマイト。偶然にも、わりに本物に近い色に写っています。

0505262

| | コメント (2)

今度こそ・・・

0505243コンスタンス・スプライが咲きました。初期のERです。この後、しべを見せて開きました。
この場所は・・・コーネリアレッド・カスケードパーリー・ゲイツもが夭折した場所、、鬼門であります。アーチがいつまで経ってもワイヤーむき出し。今回はどうにか頑張って欲しいです。

どのようにむき出しかというと・・・下の写真。一見アーチにからんでいるように見えているのは、奥のアンジェラです。冬の誘引の様子はこちら

0505241

さて、下の ナス クレマチスはプリンス・チャールズです。これも本当はまだ咲かせちゃいけなかったのかなぁ・・・でも咲かせてしまいました。。きれいな色です。

0505242

| | コメント (7)

桃まん2個入り

0505231といった感じのピエール・ド・ロンサールです。ようやくの開花です。昨日は、実家(車で30分)の母のためだけにオープン・ガーデン(父は息子達と釣り!)・・・良いタイミングで見せてあげられたと思います。

下は昨年「デイビッド・オースチンのバラのハンドブック」で一目惚れして買ったジュビリー・セレブレーションです。なんて整った美しい花でしょうか・・・!?
ただ・・・退色が早い!この写真を撮影した後、みるみるうちに別な花へと変貌。。評価が難しい感じです。 香りはとってもフルーティで、美味しそうです。

0505232

ところで、レッサーパンダ。かなり昔、野毛山動物園(ローカルで失礼・・・)のレッサーパンダも2本足で立ってました。普通だと思っていたのに、今頃別な動物園でニュースになっててビックリ~。

| | コメント (6)

また白とピンク

0505211 地際に咲いたホワイト・メイディランドです。→
昨年は黒点病のみならずテッポウムシにやられ、枯れてしまうのかとさえ思ったのですが、今年はだいぶ元気そうです。
修景バラとしては大輪で豪華な雰囲気です。純白です。小振りでつやつやとした葉が、隣に植えてあるフランソワ・ジュランビルと似ています。

下左は鉢植えのメイ・クイーンの花です。ようやくかなり咲いてきました。花を見るのは初めてでしたが、クシュクシュとした柔らかな中輪、心配していた派手さは無いです。今の時点では、データで読むほど樹勢は強くなさそうな印象です・・・ちょっとしたことで蕾が黄変・落下します。。
メイ・クイーンのすぐ奥にはラベンダー・ドリーム、そのまた奥にはお隣のバラ(品種は不明だそうです)が少し見えます(右の写真)。お隣のお庭は和風なのですが・・・我が家との境界にはバラが(元から)。何となくちょっと嬉しいです。

0505212 0505213

| | コメント (10)

春が一番

0505201ERのセプタード・アイルが咲きました。
ぎっしりと詰まった花弁で重たそうです。この後、開花が進むと、花芯が見えることが多いです。
残念ながらあまり花保ちはよくない印象で、もう少し楽しみたい・・・と眺めていると、ハラハラと一気に花びらを散らしてしまいます。
絶えず咲いてくれますが、我が家では春の花が一番です。

下の写真は、つるアイスバーグ。ずいぶんクリームがかった花を着けました。一緒に写っているのは、ジューンベリーの実です。バラに蕾を見つけては喜んでいた頃に咲いた花が結実したものです。順調に大きくなっています。

0505202

ところで、紅いバラも咲いています。レッド・シンプリシティ(FL)、ダイナマイト(CL)、メイ・ワンダー(Pol)。それから、少しオレンジがかったキャサリーナ・レイ(HT)。
でも、写真に撮ると何だか全然違ってしまい、結局ブログに載せる写真はどれもピンクか白っぽい花という結果になっています(黄色いバラはうちに無いので)。
・・・デジカメで紅い花を撮ると、変ですよね?なんか妙に薄っぺらい蛍光がかったオレンジ色に撮れて・・・??(うちのカメラが悪いのか・・・)

| | コメント (8)

バラの季節ですから・・・

これまでの花粉症テンプレートを変更してみました。
まだ症状がすっかり消えたわけじゃないのですが(どうしてー??(泣))、せっかくのこの季節ですので。 いかがでしょうか・・・。

0505191

右の写真は、我が家では希少なMinのスウィート・ランです。小さいけれど、とても美しい形と色。何だかんだで結構長く育てている品種です。

下は、ようやく開いたアブラハム・ダービー
我が家で一番古いERです。微妙な色合いとフルーティな香りの巨大輪です。今は上を向いて咲いていますが、すぐにうつむいてしまうと思います。
今年は最初から出遅れていて、今でも本調子ではなさそう・・・早く元気になってね~。

0505192

| | コメント (4)

どの写真にしようか

050518

今ほど、記事に書くことのある時期は無いはずです。バラ園にも行って来たし、庭のバラもずいぶん咲いてきたし。。どのバラも刻一刻と姿を変えるので、ついつい撮影せずにはいられません。たくさん撮った写真の中から、一体どれをアップしよう??と迷って迷って・・・迷いすぎて、、気づけばブログが飛び飛び。いえこれホント、どのバラも紹介したい気分で、決めかねてしまうのです。

で、そんな私が選んだ写真がこれ!(笑)
今日お縄にしたバラゾウムシです。被害はひどいのですが、なかなか捕まえられず、やっかいな相手です。なんか本名はクロケシツブチョッキリという、ふざけた名前だそうですね。チョッキリ?とか言ってる場合じゃないですっ!せっかくの蕾を、いったいいくつダメにされたことか・・・この記念撮影後、排水溝へ遠島の刑!

0505181さて、ここで終わってはあまりにも。
イングリッシュ・ミスです。あ~~、大きくしてみたらアブラムシ。。でも、きれいに咲いてくれました。香りも良い、お気に入りのFLです。

下の写真は、壁に寄り添って咲いたERのメアリー・ローズです。蕾は小さかったのに、ちょっとビックリするくらい大きな花が開きました。つるバラとして育てたいと思っています。

0505182

| | コメント (3)

一人で大騒ぎ

0505171初めて花を見た、ERのモーティマー・サックラーです。→
例によって、撮影時にはすでに開きすぎの状態(^^;

で、思わず「うっそーー」とつぶやいてしまいました・・・抱いていたイメージとかなり違うのです。もっとずっと大きい花のつもりだったし、この色合い・・・この花はどこかで見たことがある・・・そうだ、以前ここにあったコーネリアそっくりじゃん!!コーネリアの怨念!?うわ~!・・・と、ひとしきり一人で盛り上がった今朝でした(笑)

ま、どの品種もその時々で違った花をつけたりしますよね。このモーティマー・サックラーも長い目で見守って参ります(^-^)・・・実際、夕方にはもう違った印象でした。
ちなみに写真の花も、コーネリアよりはずっと大きくて5センチくらいでした。今年、コーネリア別な場所で咲いてます(別な株)。怨念なんて、ないよね~?(^^;

| | コメント (3)

百花繚乱(?)

今回で100回目の記事なので(ココログとしては)、こんなタイトルにしてみました。いつもおつきあい下さる皆様、どうもありがとうございます!

ポツポツと開き始めている つるバラ達(ピエール・ド・ロンサールアンジェラフランソワ・ジュランビルメイ・クイーンつるアイスバーグ(No.1,2)ロココ)が満開になるのを楽しみに待っているところですが、つるバラ以外はずいぶん開いてきました。

0505151写真はERのライラック・ローズです。
開花まで、ずいぶん焦らされました。蕾の間は真上を向いていたのに、咲いたとたんにうつむいて。
わりと普通のピンク色だと思ったのですが、こうして写真に撮ってみると、やはり少しライラック色でしょうか?
香りは咲き始めには全然感じず、開いてみたら本にある通りスパイシーな。。ちょっと好みが分かれるかもしれません。

他にも、ERのメアリー・ローズルドゥテ、HTのキャサリーナ・レイ、FLのレッド・シンプリシティ、修景のラベンダー・ドリームなども咲いてきています。これだけでも、気分は百花繚乱(^-^)

| | コメント (5)

五月の花嫁

今日二つ目の記事です(写真はクリックすると少し大きくなります)。

0505123ブライダル・ピンクが咲きました!わーい!!→
高芯咲きの整った花です。切り花用にも使われています。
なんて可愛らしい色でしょうか。名前のイメージも手伝って、清楚で上品な雰囲気を感じます。
ただちょっぴり残念なのは、香りが無いことですね・・・(あまり鼻きいてませんが)。

0505121左は少し咲き進んだ今日のガートルード・ジェキルです。
相変わらず素晴らしい芳香、相変わらず美しい!
ERは概して花保ちが少々心配ですが、どうなのかな。今日も肌寒かったけれど・・・散るまでの時間をわずかでも引き延ばしてくれるなら、むしろ歓迎です。

いずれにせよ・・・こんなに美しい花達が手元で咲いてくれる幸せ!

| | コメント (6)

フランソワ!

0505122ずっと楽しみに待っていたフランソワ・ジュランビルの開花。庭の内側から、まだ咲かなーい・・・と思っていたら、今朝外側から見上げてギョギョッ、こんなに開ききった姿と対面することとなりましたっ。しまったーーっ!!

| | コメント (3)

ガートルードの抗議!

0505112午後になって、少し日が射してきました。本日二つ目の記事です。

先日妙な絵を描いたことに対する抗議でしょうか、ガートルード・ジェキルが開きました・・・!我が家のER一番乗りです。
写真をクリックすると少し大きくなります。バラって、こういう咲き始めが美しいですね。花首がしっかりしていて、凛と上を向いて咲いています(今だけ?)。香水に使われるという香りも素晴らしいです・・・鼻詰まりが恨めしい。たくさん咲いてくれそうで楽しみです。

| | コメント (2)

アンジェラ一号!

0505113今日の横浜はなんと寒いことでしょう。先ほどは雨もパラつき、、相変わらずバラの足踏みが続きそうです。

そんな中、たくさん蕾を着けているアンジェラの第一号が咲きました~!これ、高い脚立無しには近寄れない場所に咲いており、窓から見下ろして望遠モードで撮影しました(粗いですが、クリックで少し大きくなります)。毎年改めて、こんなに鮮やかなピンクだったっけ、と思う派手さです。

0505111それから、イントゥリーグがきれいに開きました(写真左、クリックすると少し大きくなります)。写真に撮ると、どうも色が実物と違うのですが・・・黒バラのようだった咲き始めから変化して、基本的には深い紫色。そして、中心から明るさを帯びてきました。噂に違わず良い香り・・・と書きつつ、実はまだ花粉症で鼻詰まりの私です。一体いつスッキリでき、このサイトのテンプレートも変更できるのでしょう??TVではもう「花粉情報」は「紫外線情報」に取って代わられつつあるというのに・・・。

| | コメント (5)

咲いた・・・かな?

0505091イントゥリーグがほころび始めました・・・まだ「咲いた」とは言えないでしょうか。でも、良い香りです。色は・・・もっとすごい紫色かと恐れていたのですが(^^;、黒バラのようです。開くとまた違う色になるのでしょうね。クリックすると少し大きくなります。

0505092左は・・・ガートルード・ジェキルの蕾です。久々にスケッチしてみました。クリックしても大きくなりません(笑)

| | コメント (6)

いつ咲くの?

050508皆さんのバラはどんどん開いているご様子ですが・・・何だか我が家は遅いです。右の写真はライラック・ローズ。クリックで少し大きくなります。蕾がこんなに膨らんで来ているのに、ここから先がなかなか。。これは昨冬やってきたばかりで、早くお花が見たいのにー!

| | コメント (3)

白いバラ達が

0505071朝から雨。午後からは晴れるという予報だったので、上がるのを待ちかまえて「もどき」を散布しました。午前中の気温が低かったこともあり、今日新しく咲いたバラは無いなー・・・と思いながら撒いていたら・・・ちょっと陰に隠れて咲いていました!庭のアーチに這わせている、つるアイスバーグです。見つけた時、思わず「やったー」と声に出してしまいました(写真右。クリックすると少し大きくなります)。でも、うっすらと緑を帯びた微妙な色を写し取れず、残念。本物は写真よりずっときれいでした!ロザリアンなら知らぬ者の無い(?)銘花です。

0505072左の写真は、こちらもポツリと一輪だけ開花していたグルメ・ポップコーンです(クリックで少し大きくなります)。
この品種は、まさに枝にポップコーンを散らしたように咲きます。花の大きさもホントにポップコーンくらい。そんな花がたくさん着くにぎやかさこそが可愛らしいのであって、こんな風に一輪をアップにするのはナンセンスなのかも。←とはグルメ・ポップコーンに失礼かな(笑)
意外にも(?)とても良い香りがする花です。もっとたくさん咲いたら、株全体の姿をアップしたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今年の住人

0505061小鳥も可愛いよ!という記事を以前に書きましたが、今年の巣箱にはスズメが入りました。本当~はシジュウカラ希望なんですが(^^;、スズメも可愛いです。今、夫婦で一生懸命巣作りしているところだと思います。右の写真は数年前に来てくれたスズメの様子ですが、この写真を撮ったがために巣作りを放棄させてしまったので(^^;、今年はカメラを向けていません。クリックすると少し大きくなり、口に巣材をくわえているのがわかります。
この巣箱の真下にはロココ他が植わっていて、私がガサガサと作業をしたりしますし、2階のベランダからも手が届く場所なのにこうして巣作りしてくれると、本当に可愛く思えます。なるべく驚かせないように暮らしています(笑)

今日はどんよりとしたお天気。風も出てきました。この後、雨の予報でガッカリです。新しく咲いたバラはありませんでした・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コーネリアも!

0505051ようやく咲いてくれたフレグラント・アプリコット。でも、しばらく次は無いなー、と思っていたら・・・あれれれビックリ、うっかりノーマークだったコーネリアが咲いていました!クリックで少し大きくなります。
このコーネリアは、以前育てていた別な株(枯れてしまいました・・・)を忘れられずに新たに迎えた苗です。咲く花一つ一つが、まるで違う花かと思うほど色々な表情をみせてくれる品種です。派手さはないですが、優しい花です。

0505052左はつるアイスバーグの葉っぱ。ハキリバチのいたずらの跡です。去年はもっぱらFLのアイスバーグが標的にされていましたが、今年はこちら。被害といえるのかもしれませんが、何だか可愛らしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今日の彼女

050504昨日見て戴いたフレグラント・アプリコット、今日はお日様を浴びてもっと開いてきました。クリックすると少し大きくなります。
お伝えできないのが残念!なこの香り。我が家でいうとちょっとアブラハム・ダービーに似たフルーツ香です。そういえば、濃緑色の照り葉も花色もちょっとアブラハムに似ている・・・けれど、こちらの花の形はモダン・ローズ的です。
鉢、道路から見えるところに移動させました。見てって頂戴ねー、うちの子を~(^-^)。そばを通るだけでよい香りがします。嬉しいーー!やっぱりバラが好き♪

0505042ところで、、昨日珍しく夫がHCにつきあってくれました。そして珍しく「今日は欲しい苗はないの?」などと言うもんだから(?)、ついつい買ってきてしまいました・・・新しい苗を。
大きく育ったHTが並ぶ横に、ほとんど投げ捨てられていた新苗(たぶん芽接ぎ)。FLのミスティ・パープルです。今後ともよろしく~m(_)m
(あと・・・クレマチスの苗を2株。大丈夫なの??<私(^^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

咲きましたーー!

050503咲いた?咲いた??・・・と、昨日から様子を見ていたフレグラント・アプリコット。咲きましたよね、これ(^-^)
購入時からずっと葉っぱの調子が悪くて、今もチリチリした葉を抱えたまま。それでもこうやって花を見せてくれて、本当に嬉しいです(と言いつつ、外側の花弁が細かく波打っているのは正常な状態なのかな)。思っていたよりも黄色味の強いアプリコット色。その名の通り、良い香りです!
写真、サムネイルです。クリックで少し大きくなります。後ろに見えているのも、同じ株の花です。

・・・本当の開花一号はエンジェル・フェイスでした。でも、彼女の名誉のためにアップしません。あまりにも傷ついた姿でした・・・葉も茎も正常な状態でないのです。かなり養生が必要な状態と思います。。

ちなみに、この後に続く蕾がありません!(爆)
おーいみんなーー、そろそろ咲いてみな~い??

そうそう、書きとめ忘れていた蕾は、夢乙女ベン・ムーンスウィート・ランジュビリー・セレブレーション。これらの開花はまだ先です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

恋の女神

旅先より戻りました。
実は・・・戻るなりショッキングなニュースに触れ、動揺しております。それはここに書くような話ではないですが・・・記事が遅れてしまいました。
気持ちを切り替えて。バラやクレマチス達のことを思うと和らぎます。

三日ぶりに逢ったバラ達は、思いの外元気でホッとしました(鉢のビオラは瀕死でした・・・)。色々と心配していたことも無事クリア。ただ、チュウレンジバチがかなり大きく育っていたり、エカキムシに落書きされ放題だったり、バラゾウムシにかなりの蕾をダメにされたり、そしてやっぱりイントゥリーグに黒点病・・・(T_T)。

050500

さて、ようやくタイトル、恋の女神。アフロディーテです。木立性のクレマチス、インテグリフォリア系。どうしたらよいの?と思っているうちに蕾を付けてしまいました。
大変ありがたいことに、以前の記事で剪定方法を教えて戴きました!!思い切った剪定が必要だったんですね。
が、この花だけ見てはダメでしょうか??(^^;
見たーい・・・見たーーいっ・・・ということで、師の教えに背き、、一つだけ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »