« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

これは・・・

0606301何ともキモチワルイものができてしまいました。
右の写真はフレグラント・アプリコット、下は夢乙女。何だかオレンジ色のできもの?付着物??が・・・。
これまでにこういうのを見たことは無いです。このオレンジ色の物は一体何ですか?ご存じの方、ぜひお教え下さい。何だかとってもマズイものでないことを願っています・・・(一応、これが出ている部分は全て切り落としました)。

0606302

| | コメント (10)

今日はバラ・・・のはずが

今日はバラです。
Minのスウィート・ラン、これは5月19日にも記事にしています。たくさん花をつけてくれるのは嬉しいのですが、「そんなに咲いて大丈夫?」と言いたくなります(蕾を摘んであげればいいのでしょうが・・・)。

0506292

と記事を書いていたら、ヂヂヂ、ヂヂヂヂと特徴的な声。どこで孵ったのでしょうか、シジュウカラの巣立ちビナです。上手に撮影できず、残念・・・とっても可愛いかったです。

0506293

   0506294   0506295

あれれ、また鳥の写真の方が多くなっちゃいました。

| | コメント (8)

事件解決(たぶん)

0506282先日からどうにも気になっているスズメ一家の巣箱はこれです。手前に光っているのはベランダの手すり。巣箱には簡単に手が届きます。スズメもシジュウカラも、こんな場所でも毎年営巣してくれます(もちろん、シーズン中は極力近寄らないようにします)。

目的は、一羽残ってしまったヒナが無事に飛び立ったかどうかの確認。まずは巣箱をコツコツとノックしてみました・・・が、物音せず。何度か時間をおいて繰り返してみましたが、やっぱり何かいる気配はありませんでした。
そこで巣箱をクルリとこちらに向け、巣穴を覗いてみました。

0506283

・・・と、穴まで巣材でいっぱい。少なくとも5羽ほどのヒナがいたようだったのに、なんとも詰め込んだものです。
この巣箱は、正面の下部が開くようになっているので、ここを開けてみたら当然こんな風。

0506284

で、結局わかったことといえば、、半端じゃない巣材の量だけです。あんまり意味なかったような。。これ以上中を確認するには本格的に巣箱を取り外すしかありませんが・・・毎年、その作業はドキドキします。万が一、飛び立てなかったヒナの亡骸が残っていたら・・・と考えてしまって。ネットで調べた限りでは、巣立ち率はスズメもシジュウカラも50%ほど。厳しい数字に思います・・・が、これまでにうちの巣箱に巣材以外の物が残っていたことは、一度もありません。今回あのヒナはずっと親鳥がそばにいました。無事に巣立っていかなかったわけがありません!(巣箱の掃除は近々・・・)

というわけで、私一人大騒ぎだった「巣立てなかったヒナ事件」でしたが、親鳥がほんの一日か二日で無事解決したようです。

| | コメント (7)

生アンジャッシュ

巣箱のヒナのことが気になりつつも・・・昨日は娘につきあってちょっと外出。NHK BS2の「商店街の達人」という番組がやってくるというので、電車で出かけました。アンジャッシュを至近距離で目撃して、大興奮の娘でした(皆さんご存じでしょうか・・・私は娘に洗脳されて、どれだけの知名度なのかわからなくなってしまいました)。

0506262
(注:この写真はアンジャッシュではありません)

ヒナはどうやら無事に巣立った様子です!が、確認したわけではありません。。毎年、巣箱の掃除は夏が終わる頃に行うのですが、今回は何しろ気になるので・・・思い切って巣箱を覗いてみようと思います。今日は時間がなかったので、明日にでも。

| | コメント (3)

また心配が。。

昨日はスズメの巣立ちに際し、たくさんのコメントをありがとうございました。私も巣箱の大家として胸を撫で下ろした・・・はずだったのですが、実は記事掲載後に、重大な事実が判明しました。せっかく皆さんにおめでとうと言って戴いたのに・・・巣箱にまだ一羽残っていたのです!

昨年までに巣立っていったスズメやシジュウカラは、親もヒナも、巣立ち後はもう巣箱には戻ってきませんでした。淋しいけれど・・・それが巣立ちというもの。と思っていました。
それなのに、昨日巣立ったはずのスズメ達が、今日もウロウロウロウロ巣箱のそばにいるんです。まだおぼつかない飛行ぶりで巣箱の上に飛び乗るヒナ達は、一羽残った子に「何やってるの~」「一緒に行こうよー」と言っているみたいでした。

巣立ちの日というのはどのように決まるのでしょうか。
親鳥が、ヒナたちの成長を見定めて決めるのでしょうか?それとも、体内時計のようなもので自動的にその日は来るのでしょうか。天候も関係ある?
今回この子はどうしてしまったのかな?こういうことって、よくあること?
巣立ちって、そもそも数日かかるものだったのでしょうか?
・・・疑問だらけになってしまいました。どなたかご教授戴けたらありがたいです。

0506252とにかく、今度はこの一羽が気になる気になる。。
ウロウロしていた他のヒナたちも、しばらくしたらどこかへ行きました。一体この子はどうなってしまうのでしょう。

でも・・・やはり人間は手出し無用のようです。
なにしろ親鳥は、巣立ちできなかったこの子のためだけに、せっせと一日中エサを運んでいました!
写真は、巣箱の正面の電線にハトがとまったのを、ジッと見据えている親鳥と、それを見上げるヒナ。単に成長が遅れていただけならば、じきに飛び立つことでしょう。
良いご報告ができることを願っております。

ただ、今夜は(昨夜も)あの巣箱に一羽で眠るのかしら・・・いきなりみんないなくなって淋しいだろうな、なんて考えてしまいました。
それから、親鳥は・・・巣箱の子だけでなく、巣立ったヒナたちの面倒もみているはず。夫婦で上手に手分けしているのでしょうか・・・無償の愛に頭が下がります。

| | コメント (10)

巣立ちの日

0506241朝、大きな声に「!」と思って見ると・・・やっぱり。スズメのヒナが一羽、地上にいました。
ヒナがとまっているのは、クレマチスのアフロディーテ・エレガフミナにそえたミニトレリスです。巣箱から落ちてしまったのかな・・・でもこういう時、うかつに人間が手を出してはいけないのですよね。春には小学校からもプリントが配られました。「道路にヒナが落ちていても、飛ぶ練習をしているところですから、そっと見守ってあげましょう」と。

でも、あそこはうちの巣箱の真下。あの子はうちの子に決まってる!と巣箱の方を見に行ってみたら・・・巣立ちを目撃できました。今日がその日だったのです。
窓越しに撮影しているので画像が悪いですが、くちばしが黄色いヒナ。この子はこの後、無事に外へ。

050624

下は、親鳥。「もうみんな出た?」と確認に戻ってきたように見えました。何羽いたのかなぁ。

0506242

巣立っても、しばらくは親とヒナは一緒に行動するはず。一羽はぐれてしまった先ほどのヒナ・・・気になる気になる気になる~~・・・このままでは拾い上げてしまいそうな私、、ちょうど用事があるので外へ出かけてきます。どうか無事合流できますように。

・・・と書きつつも、結局気になって家の中をウロウロしていたのですが、今見たらいなくなっていました。親鳥と声を交わしていたようだったので、絶対に合流できたに違いありません。どこかからヒナたちの騒々しい声が聞こえています。良かった!

おめでとう、スズメたち!外の世界は猫もいるしカラスもいるけれど・・・頑張るんだよ~!
君たちのお陰で、今年もとても楽しかったです。ありがとうね。

さて、安心して野暮用に出かけてきます(^-^)

| | コメント (7)

散歩で出会った幸せ

0506211犬を飼っているので、朝夕散歩へ行きます。今朝もいつもの公園へ。アジサイがきれいです。土壌の酸性度で花の色が変化すると聞きますが・・・同じ場所から濃い青・ピンク・白、と、色とりどりの花が咲いていました。。

公園内にはクローバー(シロツメクサ)がたくさんあるので、犬を遊ばせながら「四つ葉ないかな~」と目を落とすと、ズバリそこに有りました!

0506212

なんかラッキー、と思いつつ横を見たら・・・そこにもここにも・・・、

0506213   0506214

あれれ~~、なんだか有難味が・・・いえいえ、幸せ一杯の朝でした。

| | コメント (6)

優等生

0506201今年一番に咲いたフレグラント・アプリコットの二番花が咲きました。一番花と変わらずに美しい色と良い香り。名前の通りです。雨にも強いようで、優等生です。

さて・・・私ゴトですが、今日これから病院である検査を受けることになっています。お酒なんか飲んでる場合ではないのでした(^^;
かなり憂鬱です・・・が、今朝このフレグラント・アプリコットの顔を見たら、ちょっと元気が出ました。花って素晴らしい存在です。

| | コメント (2)

ローズヒップのお酒

0506173 本日2つ目の記事です。

飲んでおります~。たまたま見つけた、「ローズヒップ&ライチ」の缶のお酒。「限定生産」という魅力的な言葉にあっけなくつられて買ってきました。ローズヒップについての詳細は・・・もちろん記載されておりません(笑)
ライチがとっても良い香りです。

0506172

| | コメント (4)

ルドゥテの花色

0506171今朝は雨が上がり、見るとルドゥテが咲いていました。今年の初めも花はこんな風でした・・・前回よりもずいぶん濃い花色です。ここに写っていない別な花は「これじゃメアリー・ローズだヨ・・・」というほど、さらに濃い色でした。
ま、きれいだからいいんですが、わざわざ両方持ってるのに同じでは納得いかないような。。

| | コメント (4)

再登場

今季、全ての品種をご紹介したかと考えると・・・少なくとも紅いバラは登場させていませんし(写真が上手に撮れないので)、それ以外にもきっとあると思うのですが(未確認)・・・今日のバラはどちらも再登場です。めっきり花の減った今も咲いてくれてるので。

0506151右はERのグラミス・キャッスルです。5月27日にもご紹介しています。出足は遅かったものの、やはりどんどんと蕾を着けて咲き続けてくれています。
今日の花は純白というよりむしろアイボリー。バラって、同じ株でもずいぶん違う色の花を着けたりしますよね。それもまた楽しみ♪

下はCLのロココ6月4日にもかなり開ききった姿をご紹介しています
つる聖火亡き今、おそらく我が家では最大の花径です。香りの無いのが残念です。

0506152

今日は梅雨らしい雨の日となりました。グラミスの花弁はちょっと雨に弱いので、軒下に避難。一方のロココは、逃げたくても地植え・・・ですが、可憐な姿に似合わず丈夫な花です。

| | コメント (4)

Over The Rainbow

今日は鎌倉へ行って来ました。散策が目的ではなかったのですが、それにしてもアジサイの写真くらい撮ってくればよかった!と悔やんでおりました・・・ら、夕方現れた大きな虹!
こんなにはっきりと、そして空いっぱいにかかる虹は、久しぶり・・・いえ初めてかも?
覗いたカメラに収まりきらないのが残念でした。

0506110     05061100

虹の彼方に・・・は、海があります(^-^)
ほんの数分のできごとでした。

| | コメント (4)

・・・聞こえた?

0506101 先日「どこがピンク?」と書いたら・・・なんと今朝はこんなピンクの花を咲かせていました。ピンク・マザーズ・デイです。
ここのところ真っ白い花しか見ていなかったのに・・・聞こえたかな??Polらしくコロコロと可愛らしい花形をしています。

下の写真は、ラベンダーにいたカマキリの赤ちゃん。
どこで孵ったのか、何匹かいるようです。
ラベンダーはスーパー・セビリアン・ブルーという品種。なかなか色づいてきません~。

0506102   

| | コメント (5)

カラスの行水

久しぶりに母と出かけてきました。
リクエストで寄ったお寺では、カラスが気持ちよさそうに水浴びをしていました・・・結構長々(笑)
画像が悪くて、説明が無いと何の動物かわかりませんね・・・。

0506091          0506092
(九品仏浄真寺にて)

その後、よせばいいのに無駄な買い物・・・でも、これはちょっと可愛くないですか?小さなバラの額です。花と葉っぱは貝でできているようです。

0506093

| | コメント (0)

火星人襲来

0506081ヤシマットしか見えなかった夢乙女のハンギング、もっと見栄えの良い吊し場所を、と考えたものの適当な場所はなく・・・。結局、地上に降り立つこととなりました。もはやハンギングとは呼べません。「火星人」の方が近いかも!
もうすぐ映画「宇宙戦争」が公開だそうです。

下は、どこがピンク??のピンク・マザーズ・デイ
わずかにピンクの覆輪が入った花も有りますが、ほぼ白い花ばかり。日当たりが足りなかったかなぁ・・・。

0506082

続きはこちらこちら

| | コメント (4)

夢乙女、満開

0506061 ここのブログの有力な検索ワードに「夢乙女」があります。バラ以外にもお酒やコスメ品に同名の商品が存在するようなので、、間違えて来られた方もたくさんいらっしゃると思われますが(^^;・・・これまでの夢乙女(バラ)関連の記事はこちらこちら。 球仕立てのハンギングに挑戦してみました。

で、現在の様子ですが・・・表通りからかなり背伸びをして(デジカメを頭の上にかざして)、こんな感じです(右の写真)。吊っている場所が通路より2m以上も上なので、下を通る人からは底のヤシマットしか見えないです、はい。球にするには枝がまだ短すぎました。そして、吊る場所が高すぎ(笑)

0506062では、と上から撮った写真が左です。だいぶマシでしょうか。。でも、思ったほどビッシリとは咲いてくれませんでした。 少し蕾を落とさせてしまったし・・・ちょっと淋しい満開です。

一つ一つの花は可憐です。下の写真、クリックして下さいね。大きくなります。どうも白っぽく写りがちなのですが、これは実物に近い色で撮れました。

0506063

来年はもうヤメかな、それとももう一度挑戦すべきでしょうか。。

| | コメント (5)

ベリーを収穫

0506051 4月に可愛い花を咲かせていたジューン・ベリー。かなり熟したので収穫しました。数日前にも子供に採られて(盗られて?)、今日はこれだけ。たくさん採れたら果実酒にと思っていましたが、この量では・・・残念。100gもありませんでした。

0506052 

小さな実にプチプチと種が有るのが、気になると言えば気になりますが・・・家庭で収穫できる実としては、充分美味しいと思います。

下の写真はワイルド・ストロベリー。これはさらに素朴な味わい・・・ちょっと酸っぱい。
ジューン・ベリーもワイルド・ストロベリーも収穫してからの傷みがはやいので、栽培している者だけの楽しみですね。偶然にもどちらもバラ科。薔薇道楽です。

0506053

| | コメント (5)

クレマチスが発根

0506040以前書いた記事に戴いたコメントで、木立性のクレマチスは適宜剪定をして枝数を増やすのだと教えて戴きました。教えて下さった方は、もうこちらには来て下さっていないのかもしれませんが・・・ブルー・ボーイ、枝が増えて喜んでおります(エレガフミナは咲かせてしまったのですが・・・)。ありがとうございました。右の写真です。

で、その際(5/6)に切り落とした茎をメネデールにさしておいたら・・・いとも簡単に発根しました(5/23)。この調子では、庭中ブルー・ボーイだらけになってしまう!?(笑)
でも、増やせるって嬉しいですね。そろそろ鉢に移しても大丈夫ではないかと思っています。

0506042

0506031昨日、ついにピエール・ド・ロンサールの花を全て切りました。雨に濡れて、どれもずっしりとと重かったです。
他にも、たくさんのバラの花がらを落としました。写真はロココですが、この撮影の後、やはり切りました。
すっきりしたと同時にやはり淋しいです。

| | コメント (9)

バラのおでき。。

0506021

右の写真は、バラハタマバチの虫コブです。
私は昔最初にこれを見たときに、なんて気持ち悪い物が発生してしまったのかとメマイすらしました。。正体を知ってからも・・・やっぱり気持ち悪いなぁ。。。

春のバラは明らかにピークを過ぎましたが、四季咲きのバラ達はまだまだ咲いてくれるはずです。下の写真はERのルドゥテメアリー・ローズの枝変わりで、こちらの方が淡い色をしています。

0506022

また雨ですね。今夜から本格的に降るらしいです。どうせ散ってしまうなら・・・と、たくさん咲いてくれたマサコを切って飾りました。
とても良い香りです(^-^)

| | コメント (4)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »