« 巣立ちの日 | トップページ | 生アンジャッシュ »

また心配が。。

昨日はスズメの巣立ちに際し、たくさんのコメントをありがとうございました。私も巣箱の大家として胸を撫で下ろした・・・はずだったのですが、実は記事掲載後に、重大な事実が判明しました。せっかく皆さんにおめでとうと言って戴いたのに・・・巣箱にまだ一羽残っていたのです!

昨年までに巣立っていったスズメやシジュウカラは、親もヒナも、巣立ち後はもう巣箱には戻ってきませんでした。淋しいけれど・・・それが巣立ちというもの。と思っていました。
それなのに、昨日巣立ったはずのスズメ達が、今日もウロウロウロウロ巣箱のそばにいるんです。まだおぼつかない飛行ぶりで巣箱の上に飛び乗るヒナ達は、一羽残った子に「何やってるの~」「一緒に行こうよー」と言っているみたいでした。

巣立ちの日というのはどのように決まるのでしょうか。
親鳥が、ヒナたちの成長を見定めて決めるのでしょうか?それとも、体内時計のようなもので自動的にその日は来るのでしょうか。天候も関係ある?
今回この子はどうしてしまったのかな?こういうことって、よくあること?
巣立ちって、そもそも数日かかるものだったのでしょうか?
・・・疑問だらけになってしまいました。どなたかご教授戴けたらありがたいです。

0506252とにかく、今度はこの一羽が気になる気になる。。
ウロウロしていた他のヒナたちも、しばらくしたらどこかへ行きました。一体この子はどうなってしまうのでしょう。

でも・・・やはり人間は手出し無用のようです。
なにしろ親鳥は、巣立ちできなかったこの子のためだけに、せっせと一日中エサを運んでいました!
写真は、巣箱の正面の電線にハトがとまったのを、ジッと見据えている親鳥と、それを見上げるヒナ。単に成長が遅れていただけならば、じきに飛び立つことでしょう。
良いご報告ができることを願っております。

ただ、今夜は(昨夜も)あの巣箱に一羽で眠るのかしら・・・いきなりみんないなくなって淋しいだろうな、なんて考えてしまいました。
それから、親鳥は・・・巣箱の子だけでなく、巣立ったヒナたちの面倒もみているはず。夫婦で上手に手分けしているのでしょうか・・・無償の愛に頭が下がります。

|

« 巣立ちの日 | トップページ | 生アンジャッシュ »

」カテゴリの記事

コメント

また、うれしい結果がくることを期待しましょう。
多少の寂しさや苦労は乗り越えるでしょう。

投稿: おーちゃん | 2005.06.25 21:59

>おーちゃんさん
はい、きっと頑張って飛び立つ時が来ると信じています。
例年、巣立ってみんないなくなるのは淋しいなぁ・・・なんて思っていましたが、いなくなってこそ喜びだったと実感しました。

投稿: 月猫 | 2005.06.25 23:55

こんばんは、スズメの雛ちゃん巣立ちだったのですね~
うち一羽はいまだ巣箱の中ですか、心配ですね、末っ子でしょうか?卵が孵るのに初めの子と最後の子だとかなり日数が開きますからね。大きい子ほど親へのアピール(鳴き声)が強くできるので、沢山餌がもらえてドンドン大きくなるのですよ~まさに弱肉強食状態…うちの繁殖オカメナル&ラニもそうでした。
日中は暑くても夜は寒いからね~一羽で寝るのはチョットきついかな?でも、平気でしょう、親鳥がしっかり巣立ちまで面倒見るものです(・-・*)(。。*)ウンウン

今までピーピーと聞こえていた声がなくなるのはチョット寂しいですね、また来年来てくれますよううに。

投稿: sora | 2005.06.26 00:08

こんにちわ。こちらにコメントさせていただくのは初めてでしょうか?(ぱお吉さんのところで良くお見かけするので、判らなくなってます。)
スズメの子、元気に家族と合流できるといいですね。実は昨年、ウチの庭に落ちてしまった子スズメが一羽いまして。まだ、どうにも飛べないので保護しました。(そのことには賛否両論あるでしょうけれど、トリ馬鹿の私には猫のうろつく庭に子スズメは放置できず…)
ただ、親スズメに忘れられては大変ですから、バルコニーに籠に入れた状態で出しておきました。そしたら、毎朝虫やら何やら親が運んできましてね、そんなデカイ虫食えないだろう~っ!って突っ込みたくなるような感じでした。そして、良く見ると両親だけじゃないんですよ。一族郎党代わる代わる見に来るんです。
結局、室内で飛行訓練させ、プロテインと卵黄で作った特製フードを与え、体力が付いたところでバルコニーに出しました。親たちは今度は代わる代わる飛行訓練に来ましてね、3日目ぐらいかな、とうとう一緒に飛んで行きました。
絆って凄いもんだな~と思ったものです。(長文ゴメンナサイ!)

投稿: pokota | 2005.06.26 14:57

わ!鳥さん好きの方々からコメント頂戴できて感激!ありがとうございます。
実は、これを書いている時点で、、やけに巣箱が静かで・・・。ヒナがいたらいたで気になり、そうでなくてもとにかく気になる!

>soraさん
ありがとうございます・・・末っ子なのでしょうか。
そういえば・・・私も子供の頃、ジュウシマツを飼っていました。たくさんヒナが孵って、それはそれは楽しかったことを今頃思い出しました。そして、ヒナの身体の大きさに差が生じてしまっていたことも!
そうですよね、心配しなくてもきっと大丈夫ですね。

>pokotaさん
初めまして(・・・とはいえ、時々ブログ読み逃げさせて戴いてました。。)
そうですか、そんなふうに家族の元に戻っていったなんて・・・ちょっとビックリしたと同時に、pokotaさんのお力添えにも感激致しました。
私も神奈川県民です。これからもどうぞよろしくお願い致します。

投稿: 月猫 | 2005.06.26 17:22

はじめまして
 kurimammyです
こちらの巣立ちから 心配のブログを読んでいて 私も同じようなことが。。
我が家の玄関横の木に キジバトが巣を作り 二羽のヒナがかえりましたが
一羽は死んでしまい もう一羽も巣から落ちたのを私の手で巣に返しました。
そのことで 野鳥センターに問い合わせたり。
一週間くらい前 巣に子供がいないので てっきり巣立ったものだと思っていたのですが その後出かけては帰ってくる毎日
一度巣を離れると 戻って来ない物と思っていましたので  今日も出かけたり 帰って来たりする ハトを見て 少し心配しています(笑)

投稿: kurimammy | 2005.06.26 21:42

無事すだちましたか?
人も、雀も、親は子育てて大変ですねぇ
心配だけど、楽しみですね、

投稿: Roses | 2005.06.26 23:29

>kurimammyさん
初めまして。コメントをどうもありがとうございました。素晴らしい自然の中にお住まいなのですね!
ハトの記事、拝見しました・・・巣立ちというのは、ヒナ全部が無事に飛び立って当たり前のように思っていましたけれど、そうでもないのでしょうかねぇ・・・。。うちのスズメはどうやら巣立ったような・・・??あとで思い切って覗いて見ようと思っています。kurimammyさんのハトさんも、無事に羽ばたいて行って欲しいですね。これからもどうぞよろしくお願い致します。

>Rosesさん
ヒナがいるとピーピーと大きな声が聞こえたり巣穴から顔を出していたりなんですが、昨日から今朝にかけて目撃していません。どうしたかなぁ、無事に巣立っていて欲しいです。

投稿: 月猫 | 2005.06.27 08:07

すずめの子、どうしたでしょうか?
うちではセキセイインコを飼っているのですが、去年の夏に巣引きして(勝手に卵を産み始めてしまったので)、7羽も孵ってしまいました。これでは全員は育たないのでは・・・と心配して、意を決して2回に分けて取り出して挿餌をして育て上げましたが、楽しかったものの、ものすごく大変でした。何しろ1日に何回も食べさせるのですから。
雛はかなり大きさが違うので、最後の1羽はまだみんなと一緒は早かったんでしょうね。1羽1羽の性格の違いもありますから。
無事な巣立ちをお祈りしています。

投稿: colin | 2005.06.28 20:02

>colinさん
すでに無事に巣立った記事を読んで戴いたようで、ありがとうございます。
私も子供の頃、挿し餌をしてヒナを育てたことがありましたが(先生にお願いして、小学校にも連れて行っていました。今思うと融通がきいた時代ですね・・・)、まさに「楽しいけれども大変!」でした。colinさん、お忙しそうですのに、よくぞ!

投稿: 月猫 | 2005.06.29 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巣立ちの日 | トップページ | 生アンジャッシュ »