« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

花束なバラ達

0605311我が家には、房咲きのバラが多いです。HT派の方には「質より量なんでしょ!」と言われちゃうかな(^^;

FLピノキオです。→
この不思議な色合いが意外に他のお花と相性良くて、大好き!です。昨秋の夕暮れにコバノランタナと撮った記念写真も、とても気に入っています。

これはERのマサコ。↓
良い香りで沢山咲いてくれるのですが、何しろ花保ちが悪くて、、この房の寿命もわずか・・・。

0605312

そして、修景バラにしてこの豪華さ!と毎年思うホワイト・メイディランドです。↓
放ってあるのに花束で咲いてくれて、こちらが恐縮してしまいます。

0605314

| | コメント (10)

WELCOME ようこそ日本へ

0605301FLのイングリッシュ・ミスです。もちろんイギリス作出。→
柔らかな色と優雅な形で咲き始めます。

開くと白っぽくなりますが、さらに咲き進むとピンクが差してきます。

0605302    0605304

俯きがちなORやERと比べ、凛と背筋を伸ばして咲く姿が新鮮。↓

0605303

↑なかなか咲き始めを揃えられませんが、花保ちがいいので後から咲く花も追いついて一緒に咲いてくれます。香りも良い、素敵な親善大使です。

| | コメント (4)

心に咲く赤いバラ

0605270_1愛用のコン・デジ、赤が撮れません。
皆さんよくご存じの赤い物を撮ってみましたが、カメラと腕がチョイ悪なお陰でこんな色になってしまいます。→

せっかくの赤いバラを全く違う色で載せるのは忍びない・・・というわけで、どうぞ深みのある美しい赤をご想像の上ご覧下さい。ERザ・スクワイヤーです。↓
我が家のバラ一番乗りかと思っていたら、意外にのんびりさんでした。

0605273

| | コメント (11)

つるマニ。

バラはつるから始めた、真性つるマニアです。

0605257我が家のフェンスを手前の道路から見ると、こんな風です(右下はよその建物)。→
主に見えているのはフランソワ・ジュランビルピエール・ド・ロンサール

ピエールは、一番の古株。今年はちょっと花が少なくて・・・というか、蕾はあるのになぜか一斉に咲いてくれませんねぇ。↓

0605252_1

0605253_1これは門のところのアーチです。→
くぐりながら上を見ると、アンジェラ。↓

0605254

でも、本当は主にコンスタンス・スプライのアーチにしたいんです。。
冬の誘引時には、ここまでアンジェラの陰になってしまうとは思いませんでした・・・来年はよく考えないと。↓

0605255

この他のつるバラは、来たるべきネタギレ日に、また・・・。

ところで先ほどのフランソワ、実は癌腫持ちです。
ずっと元気でいて欲しいなぁ・・・。

| | コメント (20)

王子のバラにサヨナラ・・・

0605241_1身近なこのホテルがその歴史に幕を閉じることなど、考えたこともありませんでした。→
このブログにも何度か登場しています・・・ショップで苗を買ったり桜を見たり
見納めに出かけた付属のバラ園は、今まさに満開でした。↓

0605242_1

フェルディナン・ピシャール(左)、アブラハム・ダービー。↓

0605243    0605244

このバラ園も6月いっぱいです。バラたちはどこへ行くのでしょう?
海を臨むこのホテル、思い出は尽きません。閉鎖はとてもとてもとても残念です。

| | コメント (4)

バラ相関図

0605231同時に咲いて欲しいと望んでいたロココ(一番下)とピエール・ド・ロンサール、どうにか一緒に記念撮影できました。密接な関係の二人。→

ところが、ピエールはフレッシュな香りのフランソワ・ジュランビル(上)とも堂々のツーショット!↓

0605232_1

どうせ私は無香よ!とふくれっ面のロココ・・・しかしフランソワはあっけなく散りゆき、ピエールはまたロココの元へ・・・。

そんな三角関係を涼しい顔で眺めているのは、ガートルード・ジェキルつるアイスバーグです。誰に邪魔されることもなく、共に淡々と花を咲かせ続けています。↓

0605233_1

香りを披露し合っているジュビリー・セレブレーション(左)とシャリファ・アスマは鉢どうし。デートは今日だけ。↓

0605234

| | コメント (12)

香る宝石

という表現は、手持ちの本の中にERを指す言葉として出てきます。

0605211_1ライラック・ローズ。→
私には非常に好ましい香りです。色合いも独特。咲き進んだ花はこんな感じ。↓

0605212_1

どちらも数日前の写真です。

これは本日撮影のコンスタンス・スプライ。↓
アンジェラ(濃いピンク色)と共にアーチに誘引してあります。可愛らしいイメージです。

0605213

まさに宝石、ブログでは香りをお伝えできないのが、残念です。
この他のER達は・・・また改めて。

ところで、今日の午後はF様の講習会へ参りました。いつもながら、とても勉強になりました!!

| | コメント (13)

「国バラ」へ遠征

ようこそ、「国際バラとガーデニングショウ」へ!
0605191

・・って、これはお隣のユネスコ村のアロサウルス。↑

今日はまだ初日でしたので、あんまりネタバレのないよう、サラッとご紹介(実は、ロクな写真が撮れなかっただけです・・・)。

様々なバラ達の競演。↓

0605193_1    0605194_1

0605197 ガーデニング・コンテストの風景。↓→

0605195_1

切り花屋さんもありました。

0605196

可愛いスコップを発見。一番右のはハート形。↓

0605199

苗のお店はどこも大盛況。↓

0605198_1

・・・それにしても、遠かった!次回はぜひ東京ドームで。。

06051910

| | コメント (13)

ナゾノクサとナゾノバラ

10年近く前、息子の入園時の話です。おそろいのスモックに親が手を加え、その子だけのオリジナルに仕上げるようにという幼稚園からの指示でした。
私は息子と相談し、当時(今も?)子供らに絶大な人気を誇っていたポケモンを刺繍してあげることにしました。例によってクロスステッチです・・・何しろスモックは5mm×5mmのギンガム・チェックでしたので(^-^)

06051811_2で、彼に「一番好きなポケモンは何?」と訊ねたところ・・・数いる(当時151匹)ポケモンの中から、彼が「一番好き♪」と選んだのは・・・ナゾノクサ。。→
ガックリ・・・わかる方だけ笑ってやって下さい。なんてマイナーな。。もっと他にいるでしょ?もっと強かったり、もっとカッコ良かったり、もっと可愛かったりするのがー??

結局はメジャーなのも刺しましたが(カメックスピカチュウミュウ↓)・・・、

06051812_2  06051813   06051814

やっぱり息子は地味キャラが好きなようでした(他にマリルカビゴンを刺しました)。

さて、本日雨の中、ナゾノバラが咲きました。ナゾノクサの進化形・・・ではないようです。↓

0605183

(こんなこと書くために、古いスモック引っ張り出しちゃった・・・(^^;)

| | コメント (14)

光るER

0605171もちろん、主観以外の何ものでもありません。連日の曇りがちなお天気の中でも、そこがポッと光っているようなイメージ。
だからといって、決して派手な花だというわけではないんです。私のカメラ(と腕)ではそれを表現できないのが、何とも切ないですが。。

←いつも突然咲くグラミス・キャッスル

シャリファ・アスマは、ほとんど白だった蕾から、美しいピンク色に開きます。相変わらず素晴らしい芳香です。↓

0605172_1

コバノランタナを配下に従えたセプタード・アイル。↓
今年はつるとして誘引してみましたら、花数が増えた気がします。
これは蕾の時からよく光ります。

0605173_2

| | コメント (13)

お家へ帰ろ

0605151ようやく晴れたというのに、中学の授業参観&保護者会。お昼をはさんで、いつも一日仕事になってしまいます。
ご機嫌良く開いてくれたロココを一枚撮影した後、渋々(^^;出かけました。→

やはり学校を出たのは夕方でしたが、ついでなので「横浜バラ展」に寄ってきました。
せっかく「香りのバラ」コーナーを設けているのに、すぐ横にお香のお店のブースがあってそちらの香りがムンムン・・・何だか急に!家のバラが恋しくなり、早々に退散しました。

0605152

帰宅すると、「お帰り~、早く撮って!」とセンチメンタル。↓
入手時にはものすごい状態でしたが、待望のお花に会えて感慨ひとしお。同じ株の花と思えぬほど、絞りの入り方が違います。他の蕾もどんな模様なのか、楽しみです。

0605153    0605154

(赤はどうしてもうまく撮れません・・・。)

| | コメント (14)

雨、反対!

0605130あ~あ、今日も雨かぁ。
こんなに降ってちゃ、お散歩行かれないわ~・・・。→

スウィート・ランは、ついに傘を持ち出しました(軒下ですが)。ヤラセじゃありません、自分の枝です。一本だけ妙に伸びちゃってます。↓

0605131

もうそろそろ雨はやめてくれるように、署名運動でもしましょうか。ロザリアンとワンコで、かなりの数が集まりそうです。
・・・提出場所がわからないけど。

| | コメント (19)

ホワイトバラエティ

0605121_2「またお会いしましたね」と、FLアイスバーグが咲き始めました。→
さすがに白バラ代表、毎年その品格に圧倒されます。

「こんにちは」と口々に、つるアイスバーグも咲いています。品種間違いで2本あるうちの、アーチに誘引してある方(左)と、ラティスに誘引してある方(右)。↓

0605122_1    0605123_6

って、どれも同じですねーゞ(^^;
グラミス・キャッスルがまだまだで淋しいな~・・・とぼやいていたら、

0605124_2←「あら、私も白バラよ」と、グルメ・ポップコーン。可愛いバラです。
たしかに、咲き始めはちょっとアイボリーがかっているけれど、開ききると白くて本当にポップコーンのようです。

そこへ「ちょっと!あの子が白なら、私も白バラに入れて」と言ってきたのはスーブニール・ド・ラ・マルメゾン。↓

0605125

ええ~、キミは淡いけれどピンクでしょ??また出番は来るって。

ほらほら、「だったら私も白バラの仲間に入れて!」と、シャリファ・アスマまで言い出しちゃった。ダメダメ、アナタが白っぽいのは今だけ!↓

0605126

もうみんな静かにしてー。赤ちゃんが寝てるでしょ。↓

0605127

いつ起きるんでしょうねぇ・・・。

| | コメント (7)

新顔にビックリ

今日も冴えないお天気・・・雨も嫌ですが、強風・突風は心臓に悪い!せっかく蕾を着けた枝がポキッといくんじゃないかと、ハラハラします。

0605111さて、昨日開花したアルシデュック・ジョセフ。→
これはつい先日連れ帰った新苗です。着いていた蕾の大きさのわりに・・・咲いてちょっとビックリ、小さ~い。これじゃMINじゃん。直径4センチほどでした。
でもまあ、これは新苗の最初のお花なので、あまりあてにはできないです。昨年も新苗の時の花その後の花が全く違ったこともあった(FLピノキオ)ので、秋のお花を楽しみにしてみます。

一方、昨秋に大苗で迎えたブラッシング・ノック・アウトも開花しました。↓
こっちは大きくてビックリ~!何となく思い描いていたお花の、そうだな、1.7倍くらい。
↑どっから出たんでしょうか、このハンパな数字・・・

0605112

花の中にスリップスを発見。。汚さないで~~。

| | コメント (15)

ランブラー日和

0605101霧雨の中、わずか1輪ずつですが「開花!」と認定しました。

満開が楽しみな、フランソワ・ジュランビル。→

メイ・クイーン。↓2本あるうちの片方です。

0605102

Rは、もちろんこうして一輪ずつを見ても美しいと思いますが、面を埋め尽くすほどの沢山の花!を期待します。

| | コメント (6)

ピエールをさがせ!

0605091_1今日は雨が上がりました。薄曇りの中、昨日咲いたロココはまた少し開きました。→
花の形は優雅ですが、多少の雨には動じない強さがあります。

もう一つ、続けて咲いてくれそうな蕾もあります。ロココの蕾は少し緑色を含んでいます。↓

0605092

でも・・・残りのほとんどの蕾は、まだまだ固いんです。

↓この中に一つだけ、ピエール・ド・ロンサールの蕾があります(ニット帽・丸メガネはつけていません)。ど~れだ!?

0605093

(答えは
     ・
     ・
     ・

一番上の蕾です。画面右上角から左に伸びている枝だけ、ピエールです♪
あ、簡単すぎ?(^^;
できたらロココと一緒に咲いて欲しいです。

| | コメント (8)

乙女の恥じらいは?!

0605081朝、思わず「えーっ・・・」と言ってしまった、メアリー・ローズのあられもない姿。→
あのね!私は開きかけの、ちょっと恥ずかしげなお顔を見たいんです。それなのに、蕾からいきなりの「はい、これでいかがー!」みたいなこの態度・・・風のいたずらでしょうが、何となくこっちが傷つく~(笑)。今季最初のERなのだから、お行儀よくね。

その点、メアリーの色変わり・ルドゥテは、楚々として可憐に花開いてきました。↓

0605082

ちょっと色合いが本物と違ってしまいましたが、また雨が降ってきて撮り直し不能。このままアップします。。もう少し淡いピンクです。↑

そして、つるバラの先陣を切ったのはロココでした。
こちらもイメージ通りのほころび方で、満足満足。↓

0605083

(またテンプレートを交換しました。題字の下の写真は一昨年のコーネリアです。)

| | コメント (12)

ルイ様登場

0605071 今日になって、我が家もルイ様が開きました。
ルイ14世・・・ではなくて、ルイ・フィリップ。ちょっとコモノ感あり (^^; →
あまり香らないのがこれまた残念なところですが、濃いピンクの可愛らしい花です。

0605072_1昨日咲いたバラ達、今日また少しずつ開いてきました。
←可愛いスウィート・ラン

ようやくフリフリしてきたエンジェル・フェイス。↓

0605073_1

エンジェル・フェイスは良い香りです。たった一輪でも、そばを通るとふわりと漂ってきます。半年ぶりのバラの香りに、「これこれ!!」と小さくガッツ・ポーズ(^-^)

| | コメント (10)

後ろ髪引かれつつ・・・千葉

0605061

今日は午後から千葉まで出かけてきました。娘の愛顧番組の観覧に当選したのです。観覧は無料だけど・・・交通費で4,000円以上。新苗ならいくつ買えましょうか(^^;
楽しかったけど、遠かった・・・家に戻ったら23時40分。ヘトヘトです。

が、そんな体に鞭打ってこうして記事を書いているのには訳があります・・・ついに我が家のバラも咲き始めました!午前中に撮った写真をアップしますね。

ちょっと傷んでしまったけれど、とりあえず開花!(とみなします)、エンジェル・フェイス。↓

0605062

咲いた?かな??のスウィート・ラン。↓

0605063

留守にしていた午後には、もっと開いたはず・・・明日の様子が楽しみです。

| | コメント (5)

期待通り・・・??

昨日とはうって変わって寒い一日でした。それでも傘をさして狭い庭を一巡・・・何となく心のどこかに引っかかっていた疑問が、ようやくはっきりしました。

昨冬にダンピングされていたバロン・ジロー・ド・ランです。↓
初めてのお花を見るのをとても楽しみにしているんですが・・・この色で合ってますか??

0605021    0605022

思い過ごしなら良いんですけど。。

0605023_1暦通り学校へ行った子供達を尻目に、9連休の夫と中華街でお昼を食べました・・・とっても混んでました。。→

(結局赤い花は咲きませんでした。)

| | コメント (11)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »