« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

秋の夕暮れ

0610311_1次々花を咲かせているフェリシア

0610312

我が家の秋バラの中で一番元気です・・・ってこれ、先日ナーサリーさんから届いたばかりの苗です。我が家生え抜き(?)のバラ達は、、調子の良いもの なかりけり。どうしたのかな。。

昨日の夕方、急に園芸店へ行ってみましたが、5時半前でもう真っ暗。苗も沢山並んでいたけれど、結局肥料を買っただけでした。↓

0610314

| | コメント (10)

The Stitching Bee

0610261_1今日は久しぶりに刺繍仲間で集まりました。
おしゃべりしながら針を動かし、作品や刺繍本を見せっこしたり(私は見せてもらっただけ・・・)、楽しく過ごしました。

0610262  0610263

もちろん、こういうお楽しみも(*^^*)↓

0610264

| | コメント (4)

バラの包みの・・・ part2

0610231バラの包み・・・去年のとは色違い。→

スウィート・ランが、この中に一緒に写りたい・・・と言ってます。葉っぱがあまりにも黒点だらけだけど、お花だけならどうでしょう??

0610232

| | コメント (11)

赤の他人

0610181というほど赤くもありませんが、某ナーサリーさんの粋なオマケと→
我が家のスズラン。↓

0610182

ちょっと似て見えました。秋だなぁ。

はい、秋苗届いております。これは以前から欲しかったフェリシア。↓

0610183

あまりの可愛らしさと香りの良さに、予定していた家の裏ではなく表に植えようかと思案中です。←どこに場所が?

| | コメント (11)

お値段以上?

0610151久しぶりに咲いたセンチメンタル。→
に比べるとこれでもずいぶんサッパリした印象。とても良い香りがします。

さて、今日は話題の大型家具店へ。
広い店内をウロウロ、おやつはこちら。↓

0610152

駐車場には他県ナンバーの車もたくさんあってビックリでした。
娘は目を輝かせて買い物していましたが、目的も無く行った私は大して欲しい物に巡り会えず、愛犬用のラグと、引っかけて使うミニ植木鉢(?)↓一つ。。

0610153

| | コメント (8)

13日の金曜日

何年か毎に巡ってくる、不吉な(?)誕生日。毎年、家族のだーれも覚えちゃいないのに、プロバイダさんが律儀に下さるお祝いメールで思い出します。

が、今年はなぜか夫が会社から「おめでとう」メール。
帰宅時にはケーキのお土産。↓

0610131  0610132_2

・・・何かやましいことでも??

| | コメント (14)

仲良くね

0610112_4春ほど沢山ではありませんが、ほどよく咲いているコバノランタナ。→

このコバノランタナはセプタード・アイルとわずか60センチ四方ほどの区画に同居しています。↓

0610111_1

よその花とのおつきあいも大切だけど(昨年ピノキオと)、↓

0512182

仲良くしたいよね、お隣だもの・・・。

| | コメント (4)

星追い人

今日は娘の学校の学園祭。彼女の、ベーシストとして初めてのステージを観に行きました。

0610061ステージには、娘達以外にもいくつかのバンドが登場。→
今の子供達は洋楽への憧れが全く無い(?)のですね。それだけ日本の音楽も充実・洗練されてきているということでしょうか。

そんな娘達の選んだ曲の一つが、偶然にも私の手持ちのチャート(クロスステッチ図案)と同じタイトルでした。
・・・私は、一つの作品を刺し始めたらそれが出来上がるまでは他の物には手を付けない一途なヤツなんですが(笑)、今回は例外!
これまでチビチビ刺していたミュシャを一時封印して、↓

0610062
(途中経過)

そちらを刺す気になってしまいました。そのタイトルは・・・
The Stargazer。娘の部屋に飾らせようと思っています。出来上がったら(いつだ)、ここでもまたご披露させて戴きますね。
(その後は→こちら

の方は某TV番組のテーマソングとして使われていたことで、ご存じの方も多いのではないでしょうか。ベースのフレーズが、カッコいい♪
どの子も練習の成果の出た、よいデビューでした。

| | コメント (8)

食欲の秋

0610071・・・だよね、虫も。
やっと咲いたのにギザギザなジョン・クレア。→

「伏せ」と言われたって、気になって見ちゃうってば。↓

0610072

| | コメント (18)

ご長寿番付

06100119月24日のピンク・モンテローザ。→
27日にはかなり開いてきましたが、↓

0610012_1

今朝もまだ頑張っていました。↓
・・・いいかげん、切ってあげなくちゃ(^^;

0610013

花の寿命は時によってずいぶん変わりますので、何日間咲いていたら長命とはいえませんが、品種による違いはかなりありますね。
上記ピンク・モンテローザスウィート・ランが、我が家のご長寿・東西の横綱といったところかな。一輪が長く楽しませてくれます。

概して短命なのはERでしょう。芳しく咲いたアブラハム・ダービーも、あっと言う間に散ってしまいました。↓

0610014
(9月23日撮影)

が、この儚さもまた魅力なのですから、厚生労働省と同じく長寿番付は廃止の方向で(廃止も何も、今日初めて考えたけどね)。
敬老の日に遅れることおよそ2週間、タイムリーな(?)企画でしたでしょ。

| | コメント (8)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »