« 春の迎え方 | トップページ | ユイユイ    フェン »

新生

昨日は大震災から四十九日。
各地で法要が行われたそうです。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、今もなお大変な思いをされている方々に心よりお見舞い申し上げます。

一方で、ほとんど震災前と変わらぬ生活が戻ってきた自分たち。
前の記事にも似たようなことを書いたけれど、やはり「普通に過ごす」ことをどう納得すればよいのかがわからないでいました。
が、ある方の言葉に「そうか」と思いました・・・「震災前とは人生観が変わった」と。
少しおおげさなようでも、そういうことですね。
直接被災しなかった私たちでも、「普通」に過ごしていても以前の「普通」とはもはや違います。
毎日の水や食べ物のありがたさ。
家族が犬が無事でいるありがたさ。
そして、庭に花が咲くありがたさ。
一生懸命生きなければ、と改めて気づきました。
おそらく、「普通」に戻った多くの人達もそうなのだとわかりました。

このような言い訳のもと、また庭の花について書いていこうと思います。
何だか私らしくない記事になりましたsweat01

|

« 春の迎え方 | トップページ | ユイユイ    フェン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に「有難い。」の意味がわかりましたね。
あるはずがないことが、あるほどむずかしい。とても云いましょうか。
震災ご、直接の被害、それに関わる様々な被害が出始めている今、自分の考えや感じたことを大切に進んでいくことが大事たと思います。

投稿: ジョセフィーヌ | 2011.04.29 12:11

>ジョセフィーヌさん
初めまして、コメントありがとうございます。
震災後、「あたりまえ」が決して「あたりまえ」ではなかったと気づきましたね。

投稿: 月猫 | 2011.04.30 18:00

こんにちは、月猫様。
嬉しかったです。
私も、月猫様とまったく同じ気持ちを歩んできたからです。
「震災後すべての価値観が変わった」
というような内容を、自分で、ブログにも、書いたつもりでした。
見返してみたら、自分のブログには書いていませんでした。
お友だちのところにちらっと書いてありました。
あとで、時間があるときに私も、upしたいと思います。

ピエールのこと、新しいアーチをつけるか、模索中です。

倒れても、次々芽吹いてくる蕾を見て、頭が下がる思いです。

私は、月猫様のお庭のお花たちが大好きです。
何年も、いつも楽しみにお伺いしてきました。
だから、遠慮せず、ご自分のペースで、更新なさってくださいネ。

投稿: エアリス | 2011.05.01 19:05

>エアリスさん
今回の大震災、どんなに離れていても何も感じなかった人などいないだろうとは思います。
震災直後は「もう花どころじゃない!」と思ったのですが、冬の寒さのせいか やけに蕾が多いバラをみて(反対に全く着かなかったのもあるのですが)、考えが変わりました。
手元で花が咲くなんて、ありがたい、ありがたいshine

投稿: 月猫 | 2011.05.04 13:18

こんばんは〜、コメントありがとうございました(*^^*)

ピエールも、確かに他のバラも、すごく、今年は、蕾が多いです。

ピエールは根本がビキビキ割れてしまっていて、ベランダから少しつり上げました。
生きてるみたいで、たくさん蕾をつけています。

ほんとにすごい生命力です…。

投稿: エアリス | 2011.05.04 19:08

何度もすみません、女川の方ですが、さっき、リプがあって、月猫様の物資、ちゃんと届いて、配ってくださってあるそうです(*^^*)彼女が生まれた場所と月猫様の住所が近いんですって。よかった…。お休みなさい(*^^*)

投稿: エアリス | 2011.05.04 22:07

>エアリスさん
私も次の記事には、我が家の可愛い可愛い(←急に?)バラについて書きたいと思っています。
女川の方のツイッター、拝見しています。
震災後2ヶ月近く経っても、まだまだ本当に大変だと伝わってきますね。

投稿: 月猫 | 2011.05.06 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の迎え方 | トップページ | ユイユイ    フェン »