日記・コラム・つぶやき

さよなら・ありがとう

激しくお久しぶりですclock
おかげさまで、家族もワンコも元気でやっています。

長々放置してきたこのブログですが、ようやく閉鎖することとしました。
ブログのおかげで多くの友人もでき、楽しく過ごしましたが・・・当面「バラ」をメインに記事を書くことは無さそうな私です。
単にネタが尽きたというハナシもありますが、震災後にいろいろと思うところもあり。。

またいつか・どこかで・何かの話題で、よろしくお願いします!
これまでありがとうございましたfuji

(しばらくは、ここに。)

| | コメント (6)

改名宣言

5月26日、埼玉のバラ園に寄ってきました。↓

1205281

「バラで町おこし」というコンセプトで町の花をバラに制定し、バラ祭を開催しているそうです。

途中、太陽を囲むような二重の虹にもビックリしましたが、↓

1205282

改めてショックだったのは、園内で咲いていたルドゥテです。↓

1205283

・・・だって、今年の我が家のルドゥテはこれ。。↓

1205284

ずっと疑ってきたけど・・・これからはメアリー・ローズとして紹介したいと思います。
園内にも改名途中のルドゥテがいました。↓

1205285

| | コメント (6)

一期一会

先日の金冠日食。
「関東では173年ぶり・次は300年後」とのことで、この時代に自分が生きているのは奇遇、と待ち構えていました。

が、朝起きたらまさかの雨・・・。

1205241

つるアイスバーグ

うっそーー、と思いながらも空を見ていたら、雲の間から見えました!↓

1205242

日食に会えずに逝ったフレグランス・オブ・フレグランシス(’10.5.21撮影)・・・↓。

1205244

ううう、ごめんなさい~sweat02

| | コメント (5)

ワイルド月ちゃん

月ちゃん、今週の日曜日、西武ドームまで行ってきたぜぇup

1205131

もちろん「第14回 国際バラとガーデニングショウ」やってたぜぇup

1205132

けど月ちゃん、何はともあれナカジと記念撮影だぜぇup
ワイルドだろぅ?up

1205133

こんなお土産↓買ったけど、バラは買わなかったぜぇup

1205134

それどころか、ドームに入らず帰ったぜぇup
ワイルドだろぅ??up

1205135

| | コメント (8)

あまりにも久々

今日は、かつて所属していた会社の飲み会でした。

一年前の震災後、色々と考え・・・このブログの存続についても考え・・・もうやめようと思っても消しきれず、そしてまた考え・・・と何十周したことか。
今日は酔った勢いで(?)グダグダと書いていますが、今後どうするかは改めて結論を出したいと思います。

「普通の生活」に日々感謝。

| | コメント (9)

晴れ女

本来の「晴れの日」は来年の1月9日なのですが、今どきは前もって記念撮影。
土曜、娘の成人を祝って写真を撮りました。
午前中からスタジオでメイクと着付けに1時間半・・・大変だよね、着物ってsweat01
それでも本人は、普段と違う自分に嬉しそうでした。↓

110524_1

家の前では、ワンコも一緒に。
成人式には早すぎだけど、バラの季節でよかったです。↓

110524_2

夕ご飯はランドマークで おめでたい献立に舌鼓。↓

110524_3

お土産のお酒を頂いて はしゃぐ娘・・・。↓

110524_4

翌日からは強風と雨。
晴れ女sun の面目躍如でした。

| | コメント (4)

初めての!

日曜日、差し出されて思わず「どうしたの?」と訊ねてしまった、娘からの花かご。↓

1105101

実は、よくワケもわからぬままだったろう幼稚園の頃以来、本人の意思による初の「母の日」のプレゼントでした。
「いつもありがとう」って・・・結構かんたんに言えるんじゃん!
「お~~、ありがとうshine」と返すのも案外かんたんでした。
今どきのカーネーションは、イメージより豪華。↓

1105102

バラも一輪入ってました。↓

1105103

「バイトも始めたし、二十歳になったし」とのことだけど、「今年は家族の意味について改めて考えた」とも言ってましたね。
母も、貴女の未来が希望に満ちていることを願います。

| | コメント (12)

新生

昨日は大震災から四十九日。
各地で法要が行われたそうです。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、今もなお大変な思いをされている方々に心よりお見舞い申し上げます。

一方で、ほとんど震災前と変わらぬ生活が戻ってきた自分たち。
前の記事にも似たようなことを書いたけれど、やはり「普通に過ごす」ことをどう納得すればよいのかがわからないでいました。
が、ある方の言葉に「そうか」と思いました・・・「震災前とは人生観が変わった」と。
少しおおげさなようでも、そういうことですね。
直接被災しなかった私たちでも、「普通」に過ごしていても以前の「普通」とはもはや違います。
毎日の水や食べ物のありがたさ。
家族が犬が無事でいるありがたさ。
そして、庭に花が咲くありがたさ。
一生懸命生きなければ、と改めて気づきました。
おそらく、「普通」に戻った多くの人達もそうなのだとわかりました。

このような言い訳のもと、また庭の花について書いていこうと思います。
何だか私らしくない記事になりましたsweat01

| | コメント (7)

春の迎え方

悪夢のような大震災でも大きな被害はなかった自分達ですが、あれ以来何をしていても「不謹慎なのでは」と思え、どう気持ちを保てばいいのかよくわかりません。
TVには相変わらず悲惨な状況の被災地も映れば お笑い番組も戻ってきて、それが左右の2画面だったりすると、頭が混乱します・・・。
それでも、今日から息子は新学年、娘は昨日で二十歳になりました。
子供らの未来は続いていますし、もちろん被災された方々も。

今朝の新聞に、被災地の方の投稿が載っていました。
過度の自粛はせず普段通りに、と仰っています。
以下は一部の引用です。
「多くの被災者が電気も水もガスも無く物資も入らぬ最中、遠く離れてはいても、同じ国の人たちが安全に外を歩いている。被災地に心寄せながらも、いつもと同じ生活を送っている。決して国全体が壊れたわけではない。そういう思いが大きな励みとなった。」
(2011年4月6日付け 朝日新聞 「声」欄 グリーブス裕香さん(仙台市青葉区))

なにか、、被災地の方にそう言って頂くのを待っていた気もして、これまた呵責もあるのですが・・・それでもこの投稿で救われた気分です。

| | コメント (14)

大地震

昨日の地震、おかげさまで家族は皆無事です。

夫は、たまたま有給をとって外出していたのを、私が車で迎えに行きました。これは最初からそう約束していたからですが、外出先が停電となり締め出されて外で1時間待ったそうです。

娘は、横浜駅のホームで地震に遭ったそうです。
都心に向かうつもりだったけれど電車がストップしたため、2時間半かけて徒歩で帰宅。
都内で被災していたら帰ってこられなかったでしょうから、不幸中の幸いと考えます。
彼女は地震直後に公衆電話から「歩いて帰る」と連絡をよこしたので、とりあえず安心できました。

息子は、通話もメールも通じず本当に心配しました。
あとから、学校(半日)の後に学校近くのファミレスにいたところ(校則違反)、地震に遭ったとわかりました。
しばらく店内にいさせてもらっていたそうですが、私の方は学校に待機しているだろうと判断して車で向かい大渋滞にはまり・・・運転席から奇跡的に歩いてくる息子を見つけました。
そして、帰宅難民となった友人3人も一緒。
ヘトヘトらしく、まだ寝ています。

私自身はワンコの散歩中でした。
道と道の谷間を電車が走っており、私が歩いていたのは線路から十メートル以上も高いのにガードレールがあるだけの場所。
あまりの揺れに「線路に転落しないか」「でも建物のそばは何か崩れてきそう」「電柱が倒れてくるかも」「地割れがおきたら」と、結局どうすればいいのかわからず、犬をかかえてしゃがんでいました。

今回、通話もメールもほぼ使い物になりませんでした。
私は「災害用伝言サービス」に自分のコメントを書いておいたのですが、家族の誰もそれを読まなかったそうです。
やはり、こういう事態を想定して家族で相談しておくべきだと思いました。
一方、インターネットは比較的障害もなかった印象です。
娘はTwitterでずいぶん情報を得たようです。

昨夜は何度も揺れて目が覚めました。
長野でも地震があったようですね。
各地の被害情報は目も耳も覆いたくなるほど・・・心からお見舞い申し上げます。
今無事な皆様も、お互いにまだ警戒しながら過ごしましょう。。
早く収束して欲しいです。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧