バラ('06.01~06)

ムシの情け

0606291_1ピエール・ド・ロンサールに蕾が着いています。↓→

0606292_1

一季咲きこそがピエールの美学。
・・・と思いきや、たまに返り咲くことがあります。でも、この時期に早速また蕾を持つなんて、ちょっと珍しいような。。

その点、ロココの返り咲きは例年通りですし、↓

0606293_1       

せっかくの蕾の多くが虫喰いでガッカリなのも、例年通り・・・。↓

        0606294
        あんまりだ~!!↑

どうか、ピエールの蕾は咲かせてやって下さい・・・。

| | コメント (12)

いつも何度でも

なんと今年はまだアップしていませんでした、コーネリア
得も言われぬグラデーションでいつも咲いてくれている魅力的なバラです。

これは5月16日撮影。↓

0606271       

こちらは6月6日撮影。↓

        0606272

このブログのタイトル下の画像も、コーネリア(一昨年撮影)。
つるマニ心をくすぐるバラです。

| | コメント (8)

目を光らせて

0606261 見張っていても、いつの間にか虫はやってきますね・・・。バラハタマバチに今年もやられました。→

お散歩でいつも会う猫ちゃん。フラッシュで目がピカリ。↓

0606262

可愛く撮れたと思っているのですが、猫が苦手だという人はこういう表情が嫌なようですね・・・そういう方は、次の写真、お気を付け下さい。
夜、寝られなくなりますよ!
  ・
  ・
  ・
うわっ、化け犬っっ!!(笑)↓

0606263

・・・ではなくて、我が家のワンコです。
もう!撮影は昼間にして頂戴!↓

0606264

| | コメント (4)

詳しいことは

手元の画像を眺めていましたら、ご紹介していないバラがまだいくつかありました。よしよし、これでしばらくネタがあるぞ(^^;

これはミセス・アイリス・クロー(5月20日撮影)。↓
国バラ遠征記念に買ってきた新苗です。

0606231

もちろん咲かせてしまいました~(5月21日撮影)。↓

0606232

咲き進んだら、ちょっとロココに似た印象でした。
NHK「バラ大百科」をお持ちの方は、P.137をご参照下さいm(_)m。

| | コメント (11)

手鞠

伝統工芸である手鞠。趣味として作っていらっしゃる方の作品を見せて戴いたことがありますが、素晴らしい芸術でした。
技法としては刺繍の一分野といえると思います。

0606221←・・・これを見た瞬間、その手鞠を思い出しました。
野放しにしていたガーデン・シクラメンに、いつの間にかこんなに大きな(1.5センチほど)実がたくさん着いていました。↓

0606222

割れると・・・へ~、そうなんだ。↓

0606223

と感心しつつ、今日またきれいに開いたアブラハム・ダービーです。↓
香りも間違いなしでした!

0606224

| | コメント (8)

咲いてクレマせんか?

0606214と聞いてみても、「はーい!」と応えてくれるバラは、今はわずか・・・。
今季、未紹介だったピンク・マザーズ・デイは、こういう時にも咲いてくれている可愛いPOLです。→

というわけで(?)、クレマ!
バラとの競演を夢見ているのですが、枝数を増やそうと摘心してたこともあり、遅くなりました。

断崖絶壁に身を乗り出して撮影したプリンス・チャールズは、涼しげです(6月10日撮影)。↓

0606211

こちらはシックな色合いのエトワール・バイオレット(6月10日撮影)。

0606212

・・・咲き始めを美しいと思うのは、バラと同じ (6月2日撮影)です。↓

0606213

| | コメント (11)

君はだれ~♪

0606191_1昨冬に病気苗を連れ帰ったマダム・イザーク・ペレール(5月20日撮影)。→
待ちかねた花でしたが・・・クー!花径4センチほどと小さく、思っていたのとはずいぶん違いました。
ただ、この「甘~い香り」はうちには他に無いかも。今後のお花に期待します。

これは、花の終わりに変貌した姿のフランソワ・ジュランビル(6月1日撮影)。↓
だ、誰?(^^;

0606192

一方、かなり期待通りに咲いてくれたのが、お友達に頂戴したアブラハム・ダービー(6月17日撮影)です。↓
どうもありがとう~、嬉しい(^-^)

0606193

| | コメント (5)

つるとして生きる?

これまで自由にゆらゆらと咲かせてきたセプタード・アイルでしたが、昨冬ミニ・オベリスクに誘引してみました
その後の今年4月の様子はこちら

0606121さらに5月12日の様子です。→
蕾が膨らんで光り始めています。↓

0606122

ライラック・ローズと似てる・・・?と感じられた香りは、「ミルラ香」だそうです。枝が少ないわりには20輪以上咲き、つる仕立てにより花着きはよくなった気がします。

0606123

・・・ただ、何だかみんなあっちこっちを向いていて・・・とても株としてまとまった感じはしません(5月18日撮影)。↓

0606124_1

さて、来年はどうしよう。
彼女の生き方は私が決めるのですね、責任重大。

| | コメント (6)

懐古主義

関東も9日に入梅しました。
0606111_3

0606112_2 春のバラは一段落しました。
すでに二番花の咲いてくれたバラもあります・・・右はスーブニール・ド・ラ・マルメゾン(6月5日夕方撮影)です。→

が、まだこの春まともにご紹介していないバラもあり・・・しばらくは過去を振り返る毎日かと思います。。

我が家で初めての開花、ERジョン・クレア(5月26日撮影)。↓
思ったよりも派手、思ったよりも花芯が見えました(^^;

0606113

ゴールド混じりのジュビリー・セレブレーション(5月27日撮影)。↓

0606114

あの甘酸っぱい香り・・・ああ、昔(先月)は良かったなぁ!

| | コメント (10)

近頃のMINときたら

すぐ開ききってベチャッとつぶれた星のような形になる姿が、少し前までのミニバラに対する私のイメージでした。

0606091_1が。最近のMINはすごいですね。
昨年思わず連れ帰ったピンク・モンテローザは、花径も10センチ弱くらい(5月26日撮影)。→
花に向かって「君ってMINなんだよね?」と確認したほどです(返事はありません)。

ベン・ムーンは、美しい紫と芳香が素晴らしい。四季咲き性にも優れていて、手放せません(5月20日撮影)。↓

0606092

みさきもちょっとビックリの超MIN。↓
カスミソウ?と思うほどの小ささです(5月31日撮影)。

0606093

昨年までは「三崎」を連想していましたが、最近は子供と観てるドラマの影響で「美咲」と浮かびます。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧